ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

テスラ、世界最大規模のリチウムイオン蓄電池施設をオーストラリアに建設へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
電気自動車メーカーのテスラは、オーストラリア南部のサウスオーストラリア州にリチウムイオン蓄電池施設を設置する。

同社によると、この施設は世界最大規模になり、住宅3万戸に電力を供給する能力を持つという。今年12月1日までに完成させる。

・電力の安定供給を

サウスオーストラリア州では昨年大規模な停電が起き、住民170万人が影響を受けた。同州では、再生可能エネルギーをかなり活用しているが、電力の安定供給が課題となっていた。

この停電の直後に、同社のイーロン・マスクCEOが「テスラの蓄電池技術を使えば100日以内に解決できる」とアピール。そして今回、同州が実施した蓄電システムの入札で、受注に至った。

・夜間に蓄電

発表によると、チウムイオン蓄電池施設は風力発電施設の近くに建設される。容量は10万キロワット、出力は100メガワットで住宅3万戸超に電力供給する。

風力で発電された電気を、夜間など電力の需要が落ちる間に同社のバッテリーPowerpackに蓄電することで、日中の需要ピーク時にも安定して供給することができるのだという。

受注に関して、マスクCEOは「発言通り100日で施設を完成させる。もし完成させられなければ、施設代はただにする」と自信を見せている。

風力や太陽光などを活用した自然エネルギーは出力の変動が大きく、いかに安定供給するかが課題。今回のプロジェクトがうまくいけば、自然エネルギーを導入する動きが世界中で加速するかもしれない。

テスラ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。