ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

中華丼のような見た目のさっぱりとした「カレーライス」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

7月8日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前09時30分~)では、創業50年以上の伝説の中華料理店を特集した中で、高田夏帆さん、高柳愛実さん、竹内涼真さんが「龍公亭」(東京都新宿区)を訪れた。

同店は、JR飯田橋駅西口から徒歩3分程にある中華料理店。明治22年に創業したお店で、広東料理が味わえる。

「桂春湯麺」(1400円/税込み)は、創業当時から受け継がれているという麺料理。具材は、挽き肉・シイタケ・タケノコ・ザーサイを使用している。中華鍋で具材を炒め、片栗粉でとろみをつけたら仕上げに玉子を投入する。オイスターソースと醤油・鶏の出汁がベースのスープを自家製の手打ち麺の上にたっぷりかけたら完成。

竹内さんがスープを一口頂くと「美味しい!」と一言。麺に絡めて頂くと「美味しい。ちょうどこのとろみが麺に絡まるちょうど良いとろみですね」と絶賛。高柳さんも一口頂くと「スープがとろみがあるからこそ、玉子が麺とくっつき合って口の中に運ばれてくるんですね」とコメントした。

「カレーライス」(1200円/税込み)が運ばれてくると、竹内さんは中華丼のような見た目に「思っていたのと全然違う!」と驚きの声を上げた。こちらのメニューは、煮込むカレーではなく炒めたカレー。もともとはお店のまかない料理だったそうで、昭和初期からメニューに登場したんだとか。

竹内さんが一口頂くと「あ、美味しい!さっぱりしてます!ちょっと初めて食べるタイプのカレーなんですけどすごく美味しい、さっぱりしてて夏いいかもしれないですね」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:龍公亭 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神楽坂のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:神楽坂×中華のお店一覧
たこ、穴子、鯛、明石の3大食材が載った豪華な「海鮮丼」
ポン酢で食べる九条ネギの塩タン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。