体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「残念な20代」を過ごした人が、意識しなかったこと

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第15回の今回は、「20代の過ごし方」についてです。

f:id:tany_tanimoto:20170516180422j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

「仕事がデキる人」と「デキない人」の差は、いつ、どのようにして生まれるものなのでしょうか?デキる人は、やはり20代の頃から「生き馬の目を抜く」ようだったのでしょうか。それとも、もとは平凡な仕事しかできなかったのに、何かをきっかけとして目覚めたのでしょうか。

私は現在、自分のビジネスの合間に、社会人向けのセミナーなどを行なっています。そこで時々「俣野さんは20代の頃はどのような勉強をされていたのでしょうか?」と聞かれることがあります。

人は、本当に切羽詰まれば行動する

20代の頃の自分を振り返ってみると、特に突出して勉強していたとは言えません。持っていた本も3段のカラーボックスに収まるほどでしたし、仕事でも、見えていないことはたくさんありました。30代になり、自分で事業を任されるようになってからは、人並み以上によく勉強したのではないかと思います。つまり人間は「必要に迫られれば是が非でもやる」ということです。

とはいえ、もちろんぼんやり機会が来るのを待っているだけではチャンスは訪れませんし、来たとしてもつかむことはできません。具体的なチャンスのつかみ方に関しては、「仕事でチャンスをつかむための3つの方法」に詳しく記載しましたので、そちらをご覧ください。

それ以外に、当時の自分が周りの同僚と何が違ったのかと考えてみたところ、一番の大きな違いとは「自分の中の違和感を持ち続けた」という点ではないかと考えます。

これは、TVタレントの武井壮さんのラジオ番組に出演させていただいた時にもお話したことですが、実はこの違和感があなたの大きく飛躍させる種であることが多いです。

人は日常に埋没すると、感覚が麻痺していく

たとえば業務を行なっている時に、あなたは「なんでこの会社はもっとこうしないんだろう」とか「これはおかしいんじゃないか」と感じるようなことが、これまでに1度や2度はあったのではないでしょうか?

会社にいると、特に若い頃は、同僚などと会社のおかしな点について話し合ったりするものですが、年数を経るに従って、そうした会話もだんだんしなくなります。その環境にすっかり慣れてしまい、いつの間にかそれが自分にとっても当たり前と思ってしまうからです。

もちろん、その違和感を持っていたからといって、すぐに何かができるわけでもないかもしれません。だからといって、「どうせオレ1人の力じゃムリ」とか「こんなもんだ」といって自分の心を封印してしまわないことが大切です。

たとえすぐに解決できないことであっても、違和感を持ち続けるのは大切なことです。なぜなら、違和感はあなたの才能そのものだからです。違和感があるのは、このままではいけないと気づけているからこそで、実はこの「気づける才能」というのをもっと大切にしてほしいと思うのです。

違和感を持てば考えるようになる

ビジネスの現場では、むしろその場で解決できることの方が少ないものです。だから、今すぐどうにかできるかどうかは関係ありません。

違和感を形に変えていくための第一歩としてオススメなのが、「違和感をアウトプットする」ことです。それは周りに対してグチを言うことではありません。自問自答をすることです。

ここでのコツは、「なぜこの人たちは、そうしないのだろう?」という否定ではなく、「なぜこの人たちは、あえてこうしているのだろう?」と肯定で考え、感じたことなどと一緒に書き留めておくのです。

実際は、違和感の半分ぐらいは単なる自分の勘違いかもしれません。それでも、考える訓練になっていきます。1回考えただけでは何も思いつかなくても、頭の中に置いておけばやがて閃き体質になります。それを積み重ねていくことによって、具体的な改善策やアイデアも出やすくなっていくのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。