ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【深ヨミ】地域別セールスから見るTWICEの広がり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】地域別セールスから見るTWICEの広がり

 7月10日付のBillboard JAPAN週間セールス・アルバム・チャート“Top Albums Sales”では、TWICEの日本デビュー・アルバム『#TWICE』が2位となった。

 6月28日にワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた本作は、TWICEの日本デビュー作であるとともにベスト・アルバム。日本の10代女子を中心に大流行している「TT」をはじめ、「Like OOH-AHH」「CHEER UP」「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」といった代表曲5曲にそれぞれの日本語ver.を加えた全10曲が収録されている。

 初動3日間での売上64,209枚をその後も倍以上まで伸ばし、初週累計売上137,642枚で関ジャニ∞『ジャム』に次ぐ2位に。この週で10万枚以上を売り上げたのはこの2作品のみで、彼女たちの日本デビューがどれだけ心待ちにされていたかがよく分かる結果となった。

 SoundScan Japanのセールスデータから抽出した地域別店舗売上のトップ5は以下の通り。

1位:東京
2位:大阪
3位:愛知
4位:神奈川
5位:福岡

 全店舗売上のうち1/4ほどが東京エリアでのもので、次いで大阪、愛知、神奈川、福岡と、主要都市を中心に全国的なセールスの広がりを見せている。キュートなMVや“TTポーズ”などの話題がメディアを通じ、物理的な距離を超えて行き届いた結果といえる。また、店舗売上とEC売上の比率はほぼ半々となっており、上記のようなネット上でのバズりがグレー層を取り込み、ECサイトでの購買行動に結び付けたことが推測できる。防弾少年団やGOT7、BLACKPINKらの台頭で再燃の兆しを見せるK-POPブーム。その先頭旗手を務めるのはTWICEか、今後の動きに注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード HOT BUZZ SONG】TWICE「TT」が米津玄師「ピースサイン」を抑え1位に
【ビルボード】関ジャニ∞『ジャム』が337,677枚を売り上げ、TWICEを抑えアルバム・セールス・チャート首位
TWICE、初の日本単独公演で15,000人とTTポーズ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。