体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今ある扇風機を活かして高機能化する『快風!強(つよ)マリーナ』『そよ風!広(ひろ)ガリーナ』を検証!

エアコン全盛時代の昨今だけれど、同時に使用することによってより快適に過ごせるのが扇風機。しかし今持っている機種だと風が弱い、もしくは強すぎて苦手という人に『快風!強(つよ)マリーナ』『そよ風!広(ひろ)ガリーナ』という選択肢がある。高機能扇風機を購入する前に、立ち止まって考えてみてはどうだろう。

今ある扇風機の風が弱すぎる、強すぎるという悩みに応えるワンタッチ装着の扇風機用アタッチメント!

 

手の届く価格帯でシンプルな家電などをリリースして人気の山善(YAMAZEN)による、今ある扇風機を活用して機能アップさせる2つのアタッチメント製品『快風!強(つよ)マリーナ』(直径26×厚み5cm・実勢価格税込1,280円前後・発売中)『そよ風!広(ひろ)ガリーナ』(直径28×厚み5cm・実勢価格税込1,280円前後・発売中)

最近はエアコンだけで部屋を冷やすよりも、空気をサーキュレーターや扇風機で循環させることで冷房効率を高めるというのが常識。しかし実際に使ってみると、以前から家にある扇風機では風が弱かったり、逆に強すぎたりで快適に使用できないこともあるだろう。

風というのは奥が深いもので、むやみに高回転化すれば風が強まるわけではないし、微風のために回転数を落としすぎると、それはそれで快適さは損なわれる。好みの風を生むためには羽の枚数や形状に工夫が必要だ。

しかしそうした様々な工夫がされている高機能扇風機というのは、意外と高価。今ある扇風機の処分も粗大ゴミ扱いで大変といえば大変だ。そんな時に役立つかもしれないのが、『快風!強(つよ)マリーナ』と『そよ風!広(ひろ)ガリーナ』である。

しかしこの製品が使えるためには、家庭用(羽根直径30cm)の扇風機で、近年主流となっている扇風機の羽根カバーが樹脂製のものではなく、金属である必要がある。装着に磁石を使用しているので、樹脂製カバーの扇風機では装着不可能なのだ。また、

 

弱々しかった風の扇風機がさながらサーキュレーターのような強い風に生まれ変わる『快風!強(つよ)マリーナ』

『快風!強(つよ)マリーナ』の本体はポリプロピレン&ポリエチレンの樹脂製。カバーに引っ掛けるための爪と、固定するための磁石が付いている。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。