ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

占い師SUGARさんが贈る、12星座の今週の運勢をチェック!(7月10日〜7月16日)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
毎週日曜日の夜更新のSUGARさんの占いが、ISUTAにて公開中!リズム感の良いコラムのような占いは、自分の運勢だけでなく、他の星座も読みたくなっちゃうかも?

今週も自分の星座の動きをチェック!

12星座・先週のおさらい

▽おひつじ座
先週の運勢のキーは、「考えながら手を動かす」ことにありました。私たちは“働き方”というものを地道な働き方と、リスクをとる働き方という二つで考えがち。ですがそこで思考停止していては、現実はいつまでも中途半端なまま。確固たる自分を持ちビクともしないことは「優れた個人」であるかもしれませんが、先週はそういう価値観とは別の、風に吹かれてしなやかに揺れながら変化を見極める、そんな週になったのではないでしょうか。さて、今週の運勢は?

▽おうし座
先週の運勢のキーは、「優しい言葉よりも厳しい要求」にありました。例えば野球のピッチャーというのはキャッチャーからサインを送られる前から、自分で投げる球をある程度決めていることが多い。それは彼らが単なるイエスマンではないということを証明しています。キャッチャーにとってそれは隙を突かれたようなものですが、そんな時に怒りをあらわにするか、他者というものに覚醒するのか。先週は優しい言葉よりも厳しい要求を突きつけてくる他人にこそ、あなたにとっての神が降臨していたかもしれません。さて、今週の運勢は?

▽ふたご座
先週の運勢のキーは、「新旧交代への可能性」にありました。もう一人の自分とは自らの欲望の形であり、それは実態を持たないながらも時にあなた自身から大きく離れていくことがあります。そんな“もう一人の自分”について精神分析学者などは、「死の不安」と密接に関係していると解釈していますが、そこで死の危機に瀕している自分とはどんな自分なのでしょうか? いずれにせよ先週は、死んでいく自分と生を得始めている自分がいて、その交代を見つめている自分を経験することになったかもしれません。さて、今週の運勢は?

▽かに座
先週の運勢のキーは、「正しく想像力を働かせる」ことにありました。かに座は12星座イチの妄想屋ですが、先週はその想像力と持ち前の怒涛の展開力をうまく行使する必要があったのです。なぜなら現実には、同じ土俵の上にない本来成り立たないはずの話を、そのまま進めるしかなかったりするのです。でもそれは正しく想像力を働かせて、誰にでも分かる共通言語を探していないから。そういう意味で先週は、根本的に通じていない話に筋を通すために想像力を働かせる必要があったのです。さて、今週の運勢は?

▽しし座
先週の運勢のキーは、「情熱の火が蘇る」ことにありました。漫画「ベルセルク」において剣はまさに、主人公を超えて物語の魂そのものと言える存在ですが、激しい戦いをくぐり抜ける中で剣は次第にボロボロになり、相手を両断することすらできなくなってきます。ですがいい剣とはたとえ錆ついてもその芯には錆つかない良い鉄を残すもので、火さえ入れれば必ず蘇る。そういう意味で先週は、胸のうちで眠っていたかつての情熱の火を感じさせるような誰かに、相談を持ちかけてほしかったのです。さて、今週の運勢は?

▽おとめ座
先週の運勢のキーは、「自分自身と友だちになる」ことにありました。あなたはあなた自身にとって、今どんな友だちでいるでしょうか? 孤独を感じがちなおとめ座にとって友だちというのは、人生を左右する存在と言えます。しかし自分自身が他人に理解されることなんて、ほとんど奇跡に近いこと。それならば自分をより理解していくために、自分自身と友だちになってみましょう。そうすることで硬直していた領域に、新たな風を吹かすことができたかもしれません。さて、今週の運勢は?

▽てんびん座
先週の運勢のキーは、「開き直って状況を遊ぶ」ことにありました。穴に落ちて世界的に有名なったものは二つあり、ひとつは「不思議の国のアリス」ですが、アリスが穴に落ちたことに動揺することに対し、もうひとつの「おむすびころりん」のおじいさんは、呑気にネズミたちとご馳走を食べていたりします。もし穴に落ちたのがあなただったらどうしたでしょうか? どんなに備えていても穴に落ちる時は落ちるもの、そう思って開き直り、状況を遊ぶことはできたでしょうか。さて、今週の運勢は?

▽さそり座
先週の運勢のキーは、「運命をものにするために準備を怠らない」ことにありました。聖母マリアのような伝説や絵はしょせん虚構であり、生身の現実の前では胡散霧消してしまう。それは人間的な人間であるほど、自分自身が経験した生身の現実の残り香を追っていくことになりますが、先週はそんな追求を通して自身の中にある血をイキイキと感じることはできたでしょうか? 運命というものは見逃す人とそれをものにする人がいるだけなのであり、運命は決して独裁者ではないのです。そうした運命をものにしたいのなら、準備を怠らないこと。そしてどれだけの思いをぶつけることができるか、ただそれだけ。さて、今週の運勢は?

▽いて座
先週の運勢のキーは、「否が応でも変わる瞬間」にありました。エゴや安全への執着というのは考え始めるとかえって捨てられない。捨てるならば一瞬のうちに済ませる必要があるのです。そうして落雷が落ち視界が暗転した一瞬に見る、自分の心の闇と向き合った時、人は否が応でも変わっていく。今週9日、やぎ座の満月が象徴する「死と再生」からの啓示を待ちつつ、自らが変わる瞬間にしっかりと立ち会ってください。さて、今週の運勢は?

▽やぎ座
先週の運勢のキーは、「自分の感覚を信じる」ことにありました。例えば買い物に行くとき、買いたいものが明確にあるからではなくて「買いたい気持ちになるもの」がそこにありそうだから行く、ということが多いのではないでしょうか。人生においても明確な“なりたい自分”を見つけてから前に進むのではなく、自分の中でそうしたイメージの片鱗を見つけたり作り出したりするために、「とりあえず前に進む」ことが必要な時だって間違いなくあるのです。さて、今週の運勢は?

▽みずがめ座
先週の運勢のキーは、「自分自身を整える」ことにありました。先月6月30日は「夏越しの大祓(なこしのおおはらえ)」で、半年分の汚れを祓うための茅の輪くぐりなどが各地で行われていましたが、先週のみずがめ座は、それを入念に継続していく必要があったと言えるかもしれません。それは汚れをなくすということがみずがめ座にとって重みを持っているからであり、2017年の後半が人生の切替に入っていく重要なタイミングだから。さて、今週の運勢は?

▽うお座
先週の運勢のキーは、「理想現実のために身を賭す」ことにありました。半村良の伝奇ロマン小説「産霊山秘録」は、日本民族の異人とも言うべき「ヒ」の一族の観点から日本史の歴史的大事件の裏側を読み解いていく一種のSFファンタジーなのですが、一周周って、現在のうお座の姿を描いているようにも思えます。つまり、中央権力のようなものの外に個性を置きつつ、それらと衝突するのではなく異なる次元で自分なりの理想現実のために身を賭す、ということです。さて、今週の運勢は?

ISUTA 12星座占い
https://isuta.jp/category/iphone/horoscope

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。