ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

すぐにでも食べに行きたくなる、絶品冷やし麺の店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

すぐにでも食べに行きたくなる、絶品冷やし麺の店
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。7月9日(日)のオンエアではフードジャーナリストの山路力也さんに、絶品の冷やし麺が楽しめるお店を紹介していただきました。

山路さんは、彦摩呂さんも信頼を寄せるフードジャーナリストです。そんな山路さんのおすすめのお店は…

■中華そば 萬福(銀座)
東京でも3本の指に入るほどの老舗の中華屋。おすすめは「冷やし中華」。冷やし中華と言ってもお店で出されたものはぬるいことがあるなか、萬福の冷やし中華はキンキンに冷えているそうです!「錦糸卵も器をしっかり冷やしてあり、麺もタレも具もすべて冷たいんです。すべてのものを同時に冷たい状態で出すのは難しくて、それができている点が素晴らしいです」(山路さん、以下同)

しかも、冷やし中華は期間限定ではなく、一年中食べられるとか。昔は期間限定だったものの、冬になるとお客さんが来なくなることがあったため、通年のメニューにしたそうです。

■龍圓(浅草)
おすすめメニューは「冷やし麺」。実はお店のご主人が「冷やし中華ってそんなに美味しいのか?」と疑問を抱いていたそうで、「自分だったらこうする」とアレンジして提供するようになったとか。

「一番のポイントは酸味の使い方。お店では米酢とシェリービネガーとレモン汁も加えます。お店のご主人いわく、『酢に、別の酸っぱさを合わせることで深みが増して、ベースの旨味も立ってくる』そうで、さらに、隠し味に粒マスタードなども入っていて、辛さに関しても違うアプローチをしています」

ちなみに、麺は自家製麺を使用。旨味を生かせるように、麺自体の個性は抑えられていて、素材やタレのよさを引き出すようにしているそうです。

■中華そば 勝本(水道橋)
おすすめメニューは「冷やしラーメン」だそうです。

「鶏ガラスープを冷やした、冷たい一杯。鶏ガラスープに魚介の出汁を足して、『勝本』の方向性をもった冷たいラーメンです。毎年、若干バージョンアップしています。氷が浮いていて、通常は氷が溶けるとスープも薄まってきますが、ダシを凍らせたものを使用しているので、溶けても味が薄くなりません」

■Crattini(銀座)
おすすめメニューは「冷たい桃のスパゲッティーニ」。桃が丸々一個使われているそうです。

「パスタ自体は、トマトやオリーブオイルで味付けしてあり、塩とレモン汁が加わります。甘いと思われそうですが、きちんと食事になっています! サラダのような感覚で混ぜることによって、トマトと桃のコンビネーションが楽しめます。細麺なのでスルスルと食べられますよ」

話を聞いていたレイチェルも、思わずお腹がペコペコになったとか。皆さんも、チェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。