ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【THE 夏の魔物】 THE 夏の魔物とは何ぞや?が分かるEPが完成

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“ペンライトをふれるロックンロールバンド”を掲げ、今年1月に結成されたTHE 夏の魔物がメジャー第一弾EP『シン・マモノボンバイエEP』をリリース! 成田大致と鏡るびいがロックに対する熱い想いを語る。
 (okmusic UP's)
──音楽そのものをちゃんと評価してほしいと考え、THE 夏の魔物という新バンドを今年1月に結成したそうですね。
成田
「そうです! 俺たちって、ロックバンドをやっているにもかかわらず、いろいろライヴ中に面白いことやっているんでしょって言われがちで…。昔は例えばライヴ中にプロレスの試合をやったり、いろんなことに挑戦してたんですが、この1年くらいは“もっと歌をしっかり聴いてもらいたい”と思ってやってないですね。ただ、どうしてもそのイメージがまだ拭いきれていない状況を変えたかったんで、その手始めに“THE”を付けたらみんなロックバンドとして見てくれるんじゃないかとライヴ制作の担当の方に提案されて。Theピーズ、↑THE HIGH-LOWS↓、そしてTHE 夏の魔物と(笑)。音楽的な要素を見てもらいたいという気持ちは常に本気だったんですけど、外から見たら分かりづらかった。キャニオン期の夏の魔物時代は男女混合エンタメユニットとしてやっていたんですけど、今はメンバーひとりひとりの背景が見えるとか、このメンバーじゃないと出せない音とか、そういうバンド感を一番大事に作品、ライヴとも取り組んでいます。」
──今回の作品も「シン・魔物BOM-BA YE ~魂ノ共鳴編~」をはじめ、圧倒的にロックを感じさせる一方で、ロックのひと言には収まりきらない魅力がありました。それにもかかわらず、どうしてそんなにロックにこだわるんだろうと思ったら、そういうことだったわけですね。
成田
「誰かがお膳立てしたわけでも、曲をただもらっているわけでもない。俺たち6人に加え、一緒にライヴをやっているシン・マモノBANDのメンバーが4人いるんですけど、そのひとりひとりが見える作品を作ることが今回のコンセプトだったんです。」
──曲をもらっているわけではないとおっしゃいましたが、今回の全5曲は麻宮さんが作詞した「ハジメまして」と鏡さんがスクリーム部分の作詞をした「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」以外は、外部の作家さんが作っていますが。
成田
「基本的に、俺が作家さんと密にミーティングしながら、イントロからアウトロまで、自分の頭の中にある“ここにこのリフがきて、リズムはこれで”っていうアイディアを一緒に構築して作ります。さらにそれをバンドメンバーともやっている。歌詞に関しても、例えば「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」は浅野尚志さんと作ったのですが、ただ“ロックな歌詞にしたいです”ということだけを伝えるのではなく、具体的に単語や言葉とかをたくさん羅列して“この言葉をこういうふうに”というところまで伝えて、それを歌詞にしてもらいました。」
──いろいろなロックのアイコンと言える言葉が散りばめられていますが、オマージュだったのですね。
成田
「いや、意味はないですよ。もちろん、フェイバリットなバンドだけ入れたんですけど、女子がこういう歌詞を歌ったら面白いと思っただけです。」

「私のフェイバリットもいっぱい入っていました。」
成田
「女子が“グラストンベリー”って言ってたらなんかいいじゃないですか(笑)。深い意味はないです。ただ、そういうところに気付いてもらえることが、これまでの活動ではなかったんですよ。真剣にロックが好きで、真剣にやっているのに、そこが世の中に伝わらないことが悩みだった。それが去年の秋から激変して、自分たちの作品を聴いて、ライヴに来てくれる人とか、日常的に俺たちの音楽を聴いてくれる人が出てきたんですよ。それで今の方向性に振り切ることができたんです。」
──今回はどんな作品になりましたか?
成田
「“夏の魔物”から“THE 夏の魔物”に変わった意味が分からないって人もいると思うんですけど、これを聴けば今の俺たちがやりたいことがわかるというか、俺たちがどういう人間で、どういうライヴをやっていて、どういうことを歌っているのか一発で分かるものになりました。現在の6人が巡り合えたのも奇跡なんですけど、今作は特にサウンドを作ってくれるシン・マモノBANDのメンバーの存在も大きいです。だからこそ今回、生演奏で録りたかったんです。」
──そのメンバーは越川和磨さんをはじめ、ロック好きなら“おおっ!”となる人たちばかりですね。
成田
「みんなすごい人たちだし、やっていたバンドが偉大ってことは分かっているんですけど、それだけで選んでいるわけではないです。西さん(越川(Gu)のニックネーム)や、ハジメさん(ハジメタル(Key))と一緒に音を出したい、中畑さん(中畑大樹/syrup16g)や、えらちゃん(えらめぐみ(Ba))じゃなきゃって必然性がないとバンドをやる意味がない。THE 夏の魔物のサウンドや世界観を表現するには、このメンバーで!っていうのがあるんです。」
──鏡さんが担当した「マモノ・アウランド・ザ・ワールド」のスクリームについて聞かせてください。

「デモを聴いた時、血がたぎりました。だから、スクリームを入れてほしいと言われた時は嬉しかったです。普段私はもやもや生きているんですよ。ずいぶんと良くなったんですけど、“自分なんか…”とか“周りはあんなにキラキラしているのに自分は…”とかって気持ちがあるんです。だから、そんな気持ちとともに隣り合わせの“やってらんねえよ!”とか“みんないなくなれ!”とかって想いを全部ぶちまけました。」
成田
「今作は特に、(麻宮)みずほちゃんが書いた歌詞もそうですけど、作品を通してメンバーひとりひとりのパーソナルな一面がより伝わったらいいと思っているんです。るびいは見た目とこういうたまに見せるフツフツとしたもののギャップがともかくすごいので、ぜひそれを歌詞で表現してほしいなと思って作詞してもらいました。」
──最後に7月12日に渋谷WWWで行なう『シン・マモノボンバイエ TOUR』のファイナルワンマンの意気込みを聞かせてください。
成田
「俺たちのファンである魔物チルドレンの方々の存在が本当に大きくて、みんなのおかげでバンド活動ができているというか。以前、俺がやっていたバンドはツアーファイナルの前売り券が3枚しか売れずに公演中止、そのまま解散となってしまったんで、今こうしてツアーをしたり、作品をリリースしたり、普通に活動できること自体が奇跡みたいに感じているし、12日のライヴもTHE 夏の魔物がやってことが一発で分かるものにしようと考えています。俺自身は本当に結果を出したことがない人間なので(苦笑)。ワンマンライヴを渋谷WWWでやるなんて、普通のバンドがやることじゃないですか。でも、そんな大きなところでやったことがないから、俺は恐怖しかない、その普通のことが(笑)。ただ、その道を進んでいきたいし、そこに憧れていたし、そうなりたいと思っていたから、渋谷WWWが最初の一歩になると思います。このインタビューを読んで、すぐにチケットを買って、12日のライヴを観たら、間違いなく最古参のファンになれる。今ならまだ、そんな特典が付いています(笑)。」
──鏡さんもひと言お願いします。

「私、ロックを好きになる前は、いつも消えたいと思っていたんです。なんで、その私が今ここにいるかと言うと、大好きなバンドが何カ月かあとに、ちょっと大きな箱でライヴやりますって聞くと、それまでは頑張ろうって思えたからなんですよ。その繰り返しで、今、私はここにいるんですけど、もし、私と同じような人がいたら、渋谷WWWに来てほしいし、来てくれたら、“このバンド、次も観たい。それまで頑張ろう!”って思ってもらえるようなライヴをしたいと心から思っています。名古屋、大阪とツアーしてきて、今、6人の雰囲気が最高なんです。だから、この6人だったらそういう空間が作れるはずなんですよ。自分がそうやって救われてきたから、今度は自分がそれをできたらという気持ちを込めて、12日はライヴに臨むつもりです。」
取材:山口智男
EP『シン・マモノボンバイエEP』
2017年7月12日発売

MAMONO RECORDS /VAP

【通常盤】

VPCC-82342 ¥1,800(税抜)

【魔物ガールズ盤】

VPCC-82343 ¥1,800(税抜)
『シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL』
7/12(水) 東京・渋谷 WWW

※バンド編成でのワンマンライヴ

越川和磨(Gu)、えらめぐみ(Ba)、中畑大樹(Dr/syrup16g)、ハジメメタル(Key)
THE 夏の魔物
ザ・ナツノマモノ:ロックフェス『夏の魔物』の主催者である成田大致によって、2017年1月6日に結成された“ペンライトをふれるロックンロールバンド”。同年、レーベル『MAMONO RECORDS』を立ち上げ、7月に前山田健一作曲よる「シン・魔物 BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」を含むEPをVAPよりメジャーリリース。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。