体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC One X、HTC One S、HTC One Vが海外で発売中(開封動画あり)

HTCが2月下旬に発表した「HTC One」シリーズのAnroidスマートフォン3機種が早くも欧州やアジアの複数の国において販売されています。HTCの公式発表では発売日は早くても4月2日とされていましたが、先週末より(知る限り)オーストラリア、ドイツ、フランスでは販売が開始されていたようです。そういうわけで、すでにいろんなサイトで開封の模様やレビューなど様々なレポートが公開されていたりします。(私は4月2日出荷のClove・Hantech直輸入組なので、手にできるのはおそらく今週末・・・)。現在発売中のHTC Oneシリーズの3機種は、HTC One X、HTC One S、HTC One V。HTC Nipponによると、HTC One Xの”X”は”eXtreme”、HTC One Sの”S”は「Supreme」、HTC One Vの”V”は「Value」を意味するそうです。どれもAndroid 4.0.3(ICS)とSense 4を搭載。HTC One XHTC One Xは、4.7インチHD(1,280×720ピクセル)のSuper LCD2、NVIDIA Tegra 3 1.5GHz(クアッドコア)、1GBのRAM、32GBの内蔵ストレージ、背面に800万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.0、28mm広角レンズ、AF、1080pフルHD動画撮影対応)、前面に130万画素カメラを搭載。DLNAやMHL(HDMI出力機能)、NFCにも対応します。バッテリー容量は1,800mAhで、厚さ約9.3mm、質量約130g。英Cloveの販売価格は£410(約54,000円)+VAT。Expansys Japanの販売予定価格は57,391円。買物隊の販売価格は57,000円。大体5万円台後半が相場のようです。ヤフオクでは72,020 円で出品されていたりします。HTC Oneシリーズでは標準セットにBeat By Dr.Dreのヘッドセットは付属しないようですが、Handtecはそれをセットにしたものを販売しています。価格は£519.59(約68,000円)+VAT。HTC One SHTC One Sは、厚さ7.9mm・質量119という薄型軽量のボディに、4.3インチqHD解像度のSuper AMOLED、Qualcomm Snapdragon S4 MSM8260A 1.5GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に800万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.0、28mm広角レンズ、AF、1080pフルHD動画撮影対応)、前面に130万画素カメラを搭載。DLNAやMHL(HDMI出力機能)にも対応します。バッテリー容量は1,650mAh。SIM規格はmicroSIMです。英Cloveの販売価格は£350.00(約45,000円)+VAT。Expansys Japanの販売予定価格は47,790円。4万円台後半が相場のようです。HTC One XとHTC One Sの各種ベンチマーク結果がXDAで公開されていました。

 HTC One VHTC One Vは3.7インチ画面のコンパクトなシングルjコア端末。HTC Legendのデザインが継承されています。3.7インチWVGA解像度のSuper LCD2、QualcommMSM8255 1GHz(シングルコア)、512MBのRAM、4GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.0、28mm広角レンズ、AF、720pフルHD動画撮影対応)を搭載。バッテリー容量は1,500mAh。厚さは9.24mm、質量は115g。英Cloveの販売価格は£220(約28,800円)+VAT。Expansys Japanの販売予定価格は30,722円。3万円前後が相場のようです。


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、Android 4.0搭載「AQUOS PHONE 104SH」の新色”シャイニングパール”を4月6日に発売
Motorola、3,300mAhバッテリー搭載「Motorola RAZR MAXX」を欧州と中東で5月に発売
米Sprint向け「HTC Evo One」のプレス画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。