ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

みんなが喜ぶオーストリアの人気お土産25選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
みんなが喜ぶオーストリアの人気お土産25選

音楽の都ウィーンの旧市街をはじめ、シェーンブルン宮殿、ザルツブルク旧市街など美しい世界遺産を所有するオーストリア。

観光を目いっぱい楽しんだけど、お土産はどうします?今回はオーストリアに訪れたなら「必ず買いたい」人気のお土産をご紹介します♪

*編集部追記
2016年12月の記事に新たに11選追記しました。
2016年12月の記事に新たに3選追記しました。

 

オーストリアに行ってみての感想

photo by shutterstock

中世の名残のある街並が美しいと評判のオーストリア。私が訪れたのは秋でしたが、やはり街は評判通り美しく、いわゆるヨーロッパらしい雰囲気を楽しむことができました。

特に世界遺産にも登録されているウィーン旧市街には、多くの観光スポットが集まっており、街自体も美しかったです。

オーストリア人は保守的なことで有名ですが、特に旅をしていて不快な出来事はなかったです。また、ウィーンはインターナショナルな都市なので、外国人でもさほど目立つことがありません。私は旅先で注目されるのがあまり好きではないので、こういった環境はありがたかったです。

 

オーストリアのお土産について

photo by shutterstock

定番ですが、やはりザッハトルテをお土産として購入しました。ザッハトルテ発祥のお店「ザッハ」で購入し、家族にプレゼントしました。日持ちはするようですが、できるだけ新しいものをと考え、旅の最後に購入するようにしました。

また女性の友達へのお土産として、すみれの花の砂糖漬けも購入。見た目がクラシックでとても可愛いので、プレゼントした時とても喜ばれました。皇室御用達のカフェ「ゲルストナー」で購入できます。

 

お土産購入の際のアドバイス

photo by shutterstock

お土産選びのアドバイスは、スーパーを活用すること!オーストリアの物価はそれほど安くないので、リーズナブルにたくさんお土産を購入するなら、スーパーのお菓子コーナーなどを利用するのをおすすめします。

お土産選びに時間をかけすぎるともったいないので、スーパーで購入するものは最終日近くに一気に、お店やカフェなどで買うものは計画的に購入したほうが良いでしょう。

お土産をたくさん購入すると移動が大変なので、ホテルを移動する場合は移動した後、または一つの都市にしか行かない場合はできるだけ同じ宿泊施設に滞在したほうが良いでしょう。
オーストリアのおすすめ記事はこちらです
オーストリアの物価は?料理は?オーストリア旅行の基本情報まとめ
華やかな中欧の国「オーストリア」で絶対に外せない観光スポット30選
音楽の国「オーストリア」の世界遺産は納得の場所ばかり!

 

マンナーのウエハースチョコ

A-yaさん(@lupinus_aya)がシェアした投稿 – 2016 9月 1 7:51午前 PDT

ウィーンの伝統菓子であるマンナーのウエハースチョコはオーストリアの定番土産の一つです。3個パックまたは4個パックで売られており、スーパーで買えるリーズナブルなお菓子。バラマキ土産として人気です。

 

ザッハトルテ

Yeiko Takabaさん(@t.h.yeiko)がシェアした投稿 – 2016 7月 7 6:38午前 PDT

チョコレートと甘酸っぱいアプリコットジャムのハーモニーがたまらない、世界的に有名なチョコレートケーキ。

オーストリアの代表的なスイーツですが、実は日持ちがするので持ち帰ることができるんです。中でも発祥のお店「ザッハ」のザッハトルテが人気ですが、名店ばかりなので選ぶのが迷っちゃます。

 

ゲルストナーのすみれの花の砂糖漬け

@maizoo57575がシェアした投稿 – 2016 9月 16 11:23午後 PDT

皇室御用達の老舗カフェ、ゲルストナーで販売している「すみれの花の砂糖漬け」(11,80ユーロ)。こちらは見た目も中身も可愛くて女性への土産にぴったりです。

シシィの愛称で知られるオーストリア皇妃エリザベートも大のお気に入りだったということで、現在のパッケージにはシシィの肖像画が印刷されています。

 

オーストリアワイン

wine-houseさん(@wine.house_austria)がシェアした投稿 – 2016 10月 2 6:05午前 PDT

お手頃価格で美味しいと評判のオーストリアワイン。スーパーで売られているワインでも十分味は良いので、お酒が好きな方へのお土産に良いですよね。オーストリアは特に白ワインが有名です。

 

ユリウス・マインルのコーヒー

Shinobu Aさん(@sino1208)がシェアした投稿 – 2016 8月 26 1:42午前 PDT

世界でもっともコーヒー豆を消費する国のひとつであるオーストリア。首都ウィーンはカフェ発祥の地でもあり、ウィーンのカフェで多く使われているコーヒー豆のブランドは、高級スーパー「ユリウス・マインル社」のものです。

このユリウス・マインル社のコーヒー豆をお土産にするのもオーストリア土産の定番。また、自分へのお土産にも良いですよね。だいたい7・8ユーロ~から販売しています。

 

クノールのスープの素

Sawana Takedaさん(@lukeetjake)がシェアした投稿 – 2014 10月 5 6:07午後 PDT

日本で持お馴染みのクノール。お湯を入れればスープができるスープの素もお土産に人気です。1袋1ユーロ前後なので、リーズナブルにフリターテンズッペなどオーストリアの味が日本でも再現できます。

 

ハーブソルト

kayotwins5さん(@kayotwins5)がシェアした投稿 – 2016 8月 12 2:12午前 PDT

塩の産地ザルツカンマーグート地方の産出した塩に7種類のハーブをミックスした塩です。色々なメーカーのがありますが、スーパーで買えて2ユーロもしないものもあるので料理好きの人のお土産にはいかが?

 

レッドブル

nami🌊🌴🌺🏄🗻さん(@namisgo2)がシェアした投稿 – 2015 11月 7 4:02午後 PST

オーストリアに本社をかまえる「Red Bull GmbH」の看板商品エナジードリンクのレッドブル。オーストリアと日本のレッドブルでは成分が違うようなので、飲み比べるためにお土産として持って帰る人も多いようです。

 

モーツァルト クーゲルチョコレート

fukolianさん(@fukolian)がシェアした投稿 – 2016 10月 4 7:52午後 PDT

スーパーでも買える「モーツァルト クーゲルチョコレート」はオーストリアに訪れたなのなら必ず買いたいお土産ダントツの人気ナンバー1!

個装(アルミホイル)されているので、バラマキのお土産にも最適です。箱入りより袋入りの方が安いですよ♪

 

オーストリア産ブランド

Pipica World 大分市グルーデコ&テディベアさん(@pipica_world)がシェアした投稿 – 2016 9月 13 11:34午後 PDT

クリスタルブランドのトップブランド「スワロスフキー・クリスタル」はオーストリア・チロル生まれ。ウィーン店限定品もあるようなので要チェックです。

その他、皇室御用達の陶磁器アウガルテンなど一流の工芸品が多く、購入して自宅で優雅なティータイムなんていうのも素敵ですよね。

 

音楽グッズ

🎀 Sofi de Valencia 🐙さん(@stardustlights_)がシェアした投稿 – 2015 1月 11 2:04午後 PST

音楽の国ならではのお土産として親しまれているのが、音楽をモチーフとしたグッズです。鍵盤や楽譜が描かれた文房具や雑貨など様々なグッズがあります。

関連記事リンク(外部サイト)

音楽の都ウィーンのおすすめ観光スポット29選
ウィーン観光で行きたいおすすめのカフェ6選
オーストリアの物価は?料理は?オーストリア旅行の基本情報まとめ
溢れ出る美しさ!ハプスブルグ朝の歴史都市インスブルック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。