体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孤食に潜む深刻なリスク】食事をおいしくする鍵は“鏡”にあり!?

【孤食に潜む深刻なリスク】食事をおいしくする鍵は“鏡”にあり!?
以前、巷でブームになった「おひとり様」というものがありましたが、最近では「孤食」という言葉をよく耳にするようになりました。

孤食をテーマにした漫画やテレビドラマもあり、一人で食事をする人が潜在的に多いことが伺えます。

今回は、孤食の最新研究やリスクはもちろん、一人でもおいしく・楽しく・健康的に食事をする方法を、医師が丁寧に解説いたします。

名古屋大学の「孤食」に関する最新研究

朝食と鏡を見る女性

研究内容

被験者(高齢者と大学生)に対し、鏡の前に座って自分の姿を見ながらポップコーンを食べるのと、部屋の壁を映したモニターを見ながら食べるのとで、どちらがおいしく感じるかを調べました。(※)

研究結果

鏡の中の自分を見ながら食べた方がおいしく、食べる量も増えたという結果でした。

一人で食事するよりも誰かと食事をする方がおいしく感じるということは既に知られていましたが、今回の研究からは、
実際に他人と同席していなくても、食事中に人の存在を感じることだけでおいしさが高まるということが分かりました。

考察

今後、条件を様々に変え、一人で食事をする場合でも孤独感なくおいしく食べられる工夫についてさらに研究が進むと思われます。

孤食が増えた背景

孤食の男性
一人で孤独に食事をすることを「孤食」と呼びます。

孤食が増えた背景としては以下が挙げられます。

・核家族化
・独居者(高齢者を含む)の増加
・長時間労働により家族そろって食事ができない

戦前・戦後で変わる食事マナー

昭和の食卓
「食事中にしゃべるのは行儀が悪い」という教育が一時行われており、学校の給食も黙って食べるように指導されていた時代もありました。

これは家長である父親・夫に無駄口をたたかないという意味でもあったようですが、戦後徐々にこういった考え方はすたれていきました。

今でも口に物を入れたまましゃべるのは、口の中が見えた相手に不快感を与えるためマナー違反と考えられますが、一般的には同席した相手と会話を楽しみながら食べることが推奨されています。

誰かとしゃべりながらご飯を食べた時の健康効果

楽しい食事
実際、しゃべりながら食べるor食べない、どちらが正しいかの科学的検証は行われておらず、絶対的な正解はないと思われます。

メリット

しゃべりながらゆっくり食べることで、
早食いを防ぎ血糖値の吸収が穏やかになったり
満腹中枢を満足させられて肥満予防にもなる、という考え方もあります。

デメリット

しゃべりながら食べると、脳に血が行ってしまい、
リラックスして消化機能を働かせることができないので、健康に良くないという意見も聞かれます。

孤食のリスク

飲み過ぎた男性
リスクとしては、以下の可能性が考えられます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。