ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

魚の養殖と水耕栽培の融合!世界初のオープンソース型アクアポニックスシステム「Aquapioneers」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アクアポニックスとは、土を使わず水で植物を栽培する水耕栽培と、淡水魚の養殖を組み合わせた循環型農法。

魚を飼育する水槽と植物を水耕栽培するプランターを結合させることにより、魚の排泄物をバクテリアが分解し、植物がこれを有機肥料として吸収することで水が浄化され、きれいな水が水槽へと戻るという、自然の生態系を活用した仕組みが特徴だ。

・世界初のオープンソース型アクアポニックスシステム

「Aquapioneers(アクアパイオニアズ)」は、スペインのバルセロナで開発された世界初のオープンソース型アクアポニックスシステム。

葉野菜やハーブが栽培できる幅70センチ、奥行き30センチ、深さ30センチのプランターと、金魚やグッピーなどの淡水魚を飼育する50リットルの水槽を組み合わせたもので、消費水量を従来よりも90%軽減しながら、作物を2倍速く生育させることができる。

設計データや組み立てのマニュアルはオープンソースとして公開され、誰でも無料で自由にダウンロードしたり、改変することが可能。

このデータをもとに、CNCルーターを使って木材からパーツを切断し、つなぎ合わせるだけで、どこでも簡単に設置できるという。

・近々、オープンソースとして公開予定

開発プロジェクトでは、現在、オープンソース化に向けたデザインの最終調整をすすめながら、1万5,000ユーロ(約195万円)を目標に、クラウドファンディングプラットフォーム「Ulule」で資金調達を実施中。

クラウドファンディング終了後、なるべく早い時期に、「Aquapioneers」の設計データやマニュアルを公開する方針だ。

Aquapioneers

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。