体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。7/10-7/16の運勢をチェック!

kyamera2

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 7/10-7/16の運勢

1・水の星の人

7月の全体運
勢いを感じられる月です。さぁ頑張ろう!といったように、やる気がむくむくと湧いてきたり、気持ちが大きくなることもありそうですが、まずは、一歩一歩を着実に進んでいくという姿勢を大切にしましょう。
幸運を招く方角 北西
ご利益フード  うな重

今週の運勢(7/10~7/16)
運気に勢いがあるのですが、パワーがあり余って、ついつい、うっかりといったようなことが起こりやすくなっているときのようです。今は、物事をとことん突き詰めて考えたり、完璧をめざすのは避けた方が良さそう。平均点というか、「ほどほど」でOKとしましょう。まだまだ頑張れそうだとしても、「今日はここまで」といったように、自分自身で加減や調節をすることが必要になりそうです。また、相手に対しても同様に接するようにしたいです。
12日はラッキーデー。予想以上の成果が期待できそう。何事にも積極的かつ果敢に取り組みましょう。上司や先輩など、目上の人が頼りになりそうです。16日は仕事や勉強、家事など、やらなければいけないことを済ませてから、お出かけした方が気分がスッキリして楽しめそうです。

2・大地の星の人
7月の全体運
幸運月です。仕事もプライベートも良好で、手ごたえのようなものを感じることができそうです。「交渉」や「商談」などもスムーズに運びそうです。嬉しい知らせが届く可能性もありそうです。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  かき揚げ

今週の運勢(7/10~7/16)
社会的な信用を得やすいタイミングです。あなたの才能や実力、そして頑張りが周囲の人たちから認めて貰いやすくなっているときなので、自分がどんなことを得意としているのか、何に精力を注いでいるのか、上司や先輩はもちろん、声に出して、周りにアピールすることが大切です。また、責任感を必要とされるシーンにおいて、「やる気」を見せておくことで、のちのちチャンスが与えられたり、嬉しい評価を貰えるようなこともありそうです。
11日は交際運が好調の様子。また、上司や先輩をはじめ、親や親戚などからの協力やバックアップも得られやすくなっています。困っていることや頼みごとのある人は、思いきって相談してみるのも良さそうです。

3・雷の星の人
7月の全体運
今まで取り組んできたことの成果があらわれやすい月です。自分自身を見つめ直すことで、答えや、何かしらの結論のようなものが出ることもありそうです。
幸運を招く方角 北西 南西
ご利益フード  ポークソテー

今週の運勢(7/10~7/16)
「急がば回れ」を意識したいタイミングです。もしも、行く手に障害物があったとしたら、自分ひとりがひょいっと飛び越える方法を考えるのではなく、相手や周りにいる人、モノを傷付けずに一緒に進める方法を考えるのが良さそう。誰かと力を合わせなければできないことや得られないこともたくさんあるはず。効率の良さを求めたり、無駄を省こうとするのではなく、ひとりひとり、ひとつひとつに対して、丁寧に取り組みたいです。また、物事を深く考え込むようなこともあるかもしれませんが、じっくり考える時間も必要なタイミングのようです。
10日はラッキーデー。頑張れば頑張った分だけ、手応えを感じられそう。また、社交運も良く、特に上司や先輩、親など目上の人とのコミュニケーションを大切にしたいです。15日は正直さが鍵となる日。誠実な人と縁がありそうです。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。