ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

どこに居ても、聞けば「あ、あれだ!」とわかる、あの5音階。

7月3日、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が「これは何かを意味する」というシンプルなタイトルがついた56秒間のミステリアスなティーザー映像を公開した。冒頭の映像は黒い背景に緑の文字という昔懐かしいコンピュータ画面で、そこに文字が現れる。

毎日 何千もの飛行機を
管制官は見つめている
ただ 時として 見てしまうことがある
説明できない何かを

同ビデオのYouTubeの説明欄にはこう書かれている。

これは何かを意味する
重大な何かを
WeAreStillNotAlone.com

一体何が起こっていたのだろう? 最後に聞こえるあの5音階は、スティーブン・スピルバーグ監督の1977年のSF名作「未知との遭遇」にファンを導いている。となれば、この映像はあの映画の続編かリブート版の予告編だ、と多くの人が思うだろう。しかし、その真相は、そうではなかったようだ。

WeAreStillNotAlone.com(宇宙にいるのは”今も”われわれだけではない・ドット・コム)は「UFO(未確認飛行物体)目撃に関する最新情報受信にサインアップ」するウェブサイトへジャンプするのだが、『Variety』誌によると、これは米国SPEが実施するキャンペーンとファン(米国在住者限定)をつなげるページなのだという。今年は「未知との遭遇」公開40周年に当たり、 SPEは来たる9月1日から1週間、限定劇場での同作品の上映を計画しているのだ。

というわけで、「未知との遭遇」の続編やリブート版が制作されるのではないようで、これを残念だと思うか、良かったと思うかは個人の考え方次第である。とりあえずはない、ということだ。しかし、昨今の映画界の状況を鑑みると、9月の劇場再上映と11月の公式40周年記念のあと、何らかの計画が発表されてたとしても、決して驚かないことだろう。Xファイル風に言えば、「真実は”今も”そこにある」のだから。

https://www.youtube.com/watch?v=rbSfX3OnQy4

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

キャサリン・ゼタ=ジョーンズとマイケル・ダグラスの娘が美少女に成長!

米国の妊婦が雷に打たれた後に無事出産し話題に

トム・ホランド、『スパイダーマン:ホームカミング』の高評価に「泣きそうになったよ」

『アナ雪』クリストフ役ジョナサン・グロフが、続編の最新情報を明かす

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。