ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

androp、全国ライブハウスツアー完遂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

andropが7月7日に全国21ヶ所21公演のライブハウスツアー『one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”』のファイナルを福岡DRUM LOGOSにて迎えた。
7月7日@福岡DRUM LOGOS (okmusic UP's)

会場によって各地趣向を凝らしたセットリストで、「一期一会」「リアル」をより大切にしてきたという今ツアー。最終日は「Dreamer」で幕を開け、「Ryusei」では歌詞の一節を 【DRUM LOGOSで歌う金曜日】 に変えるという、ライブで育ててきた曲ならではのアレンジに満員のオーディエンスからは大きな歓声が上がる。七夕にちなみ、数年ぶりに披露した「HoshiDenwa」では、「福岡は今日は曇りだけど、音楽で届けられたら。」と言い会場を幻想的な雰囲気に包み込んだ。

ツアー初日に千葉LOOKで残した「タフになって帰ってきます」の言葉通り、繊細さに加えて力強さを増し、面となって飛び込んでくる内澤のヴォーカル、伊藤の1発1発に粘りの効いたドラミング、バンドのグルーブを下支えながらも時折主張する余裕さえ見せるベース前田、繊細な指弾きから力強いソロまで、多彩な表現力を増したギター佐藤。ライブ終盤でもオーディエンスを牽引する力強さは衰えることなく、8年間やってきた経験がある今だからこそ歌える曲という「Prism」で本編を締めくくった。

アンコールでは新曲「Sunrise Sunset」でこれもまた、新たなandropが垣間見える横ノリ曲でゆったりとクールダウン。ツアーラストは力強く「Hana」で締めた。はずだったが、オーディエンスの熱は全く下がる気配は無く、観客の声に応え急遽行ったダブルアンコールでは、ステージ上で本当の締めくくりとなる曲をその場でメンバーが集まって決める「リアル」を見せて「Star」で全ての幕を締めた。

「まだ発表できないワクワクすることが沢山あります」と今後の活動にさらなる含みを持たせながら、Creepy Nutsとのコラボサマーチューンを携え、結成10周年に向けてandropは次なるフェイズへと向かっていく。コラボレーションの影響か、「ヤバい野外」になると言っていた、バンド史上初となる野外ワンマンライブ10月28日「one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂」ではどんなステージを魅せてくれるか楽しみだ。
『androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』
10月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

開場17:15/開演18:00

<チケット>

¥5,800(税込、全席指定、6歳以下の入場不可)
シングル「SOS! feat. Creepy Nuts」
2017年8月23日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

UPCH-7346/¥2,484(税込)

【通常盤】(CD)

UPCH-5920/¥1,296(税込)

<収録曲>

■CD

1.SOS! feat. Creepy Nuts

2.Sunrise Sunset

ほか収録予定

■DVD※初回限定盤のみ

収録内容未定
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。