体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
日本にはいろいろとユニークな設計の美術館がありますよね。香川県にある地中美術館などはその代表例ですし、石川県にある金沢21世紀美術館も独特ですが、同じ北陸の富山県にもちょっと変わった美術館があります。その名も発電所美術館。

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
規模こそ小さいですが、館内のスタッフによれば最大出力6,330kw(一般家庭2,100戸分の電気量)の発電を行っていた実際の発電所をリノベーションして作った美術館なのだとか。今回は北陸に在住する筆者が、そんなユニークな発電所美術館を紹介したいと思います。

 

廃墟に足を踏み入れるようなドキドキがある

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
富山県の東部には入善町という町があります。その田園地帯の一角に、発電所美術館があります。自然の丘の落差23mを使って、大正時代から平地で発電を行っていた赤レンガ造りの建物を再利用した美術館。

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
本来は取り壊される運命にあったそうですが、町が北陸電力から譲り受け、美術館としてリノベーションを行ったそう。開館の翌年1996年には、後世に残すべき価値ある文化遺産として、国の有形文化財にも登録されています。

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
リノベーションを行ったといっても、館内にはタービンや操作盤などがそのまま残されています。音の響き方やにおいも外の世界と違うせいか、部外者として立ち入りが禁じられている廃墟に勝手に忍び込むような緊張感が味わえるはず。

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
館内の壁には、大人の男性をすっぽり飲み込んでしまうくらい大きな導水管も残されています。普段は黒いカーテンで覆われているのですが、中に入ってみると湿度が上がり、さびとかびが混ざったようなにおいがします。子どものころ大人の目を盗んで友達と潜り込んだ、枯れた地下水路を思い出しました。

次は要チェックのポイントを紹介!

常設展示はないので企画内容のチェックはマスト

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
美術館は1階に天井高10m近くの広いフロアがあり、入り口から正面の奥に1.5階のスペースが用意されています。

常設展示はなく、年3回の企画展で運営されているため、展示内容によって満足度が大きく変わってくるかもしれません。その意味で訪れる際にはどのような展示をやっているのか、しっかりと確かめた方がいいかと思います。

ただ、発電所をリノベーションした大空間に展示される現代アートは、さすがにどの回も来館者に何かを訴えてくる迫力があります。

【富山】国の有形文化財!大正時代の発電所をリノベした美術館
例えば筆者が訪れたある回では、天井につるされた巨大な水がめが、時間になるとひっくり返って美術館のフロアに膨大な水をたたきつけるというシンプルで豪快な展示がありました。水力発電所として使われていた建物で、水の持つエネルギーを感じさせてくれる興奮のアートでした。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会