ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デビュー35周年の原田知世、ファンに言葉を贈る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デビュー35周年の原田知世、ファンに言葉を贈る
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。7月8日(土)のオンエアでは、女優・原田知世さんをお迎えしました。

デビュー35周年という節目を迎え、セルフカバーアルバムをリリースした原田さん。長崎出身で、両親と1男3女の末っ子という家族構成で育ちました。「ぎりぎりまでボーっとしている末っ子」と自身が振り返る幼年期、お父さんが家に設置したシャンデリアの思い出や、魚をすり身にしたハンバーグの懐かしい味についても話してくれました。

そんな原田さんのデビューは映画「時をかける少女」。芸能界は、遠く現実味のない世界で、憧れもなかったそうですが、ある日映画で見た真田広之さんのファンになり、相手役募集のオーディションに応募してこの道に入り、現在に至ります。

原田さんの最近の趣味を伺うと、お味噌作りや金継ぎ、草木染めなどに挑戦していると教えてくれました。草木染めの多彩さや魅力について「ワンピースを染めて、白をピンクに染めたら新しい出会いのようなうれしいワークショップでした」と語っていました。

最新作のセルフカバーアルバム「音楽と私」についても伺いました。伊藤ゴローさんがプロデュースした「時をかける少女」の新アレンジについては「35周年の幕がふわっと開いたイメージを受けたんですよね。最初のストリングの感じで、すごく晴れやかな気分にしてもらいました」と振り返り、改めて過去の曲を歌うことについて「その当時の自分を客観的に聴くと、ものすごく子どもなんですよね…ちょっと引いたところで自分の姿が見えてきたし、そのときに気付かなかった歌詞の深さや素晴らしさを今また、実感できた気がしています」と明かしました。

続けて、「音楽はストレートに自分自身が出てくる部分で、飾ることなくリラックスして歌を歌えるようになってきたし、それを一緒に作ってくれる人たち、チームができていて、それはすごくありがたいことですね」と音楽について語る原田さん。このアルバムのリリースと共に、今秋には、35周年アニバーサリー・ツアーも開催します。

「久しぶりのホールのツアーなので、ファンのために、楽しんでもらえる一年を贈りたい。これが一番最後の大きなプレゼントとなると思うので、せっかくのホールだから見てもらう要素もみんなで考えています」と抱負を語るツアーの東京公演は、11月28日(火)Bunkamura オーチャードホールで行われます。

その他にも、近年のベスト盤「私の音楽 2007 – 2016」や、「原田知世映画祭 映画と私」が8月に開催されるなど、アニバーサリー・イヤーの企画が目白押しとなっています。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。