体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日差しに合わせて窓ガラスの透過率を自動制御するスマートガラス「View Dynamic Glass」

金属酸化膜に電流を通すことでガラスの透過率を自動制御する“スマートガラス”が、オフィスビルや商業施設など、様々な建物に導入されはじめている。

米スタートアップ企業「View」の「View Dynamic Glass」も、そのひとつだ。

・日差しに合わせて窓ガラスの透過率を自動制御

「View Dynamic Glass」は、5層の金属酸化膜を挟み込んだ、薄さ1ミクロンのスマートガラス。

これらの層に微弱な電流を通すことでガラスの透過率を4段階で変化させ、太陽の位置や天候に合わせて、室内に差し込む自然光を自動制御できる。

また、専用スマホアプリを介し、ガラスの透過率をマニュアル調整することも可能だ。

「View Dynamic Glass」は、一般的な低放射ガラスに比べて最大冷房負荷を23%程度まで軽減し、電力消費量を平均20%削減できるのが利点。

これまでに、米ネット小売業者オーバーストックの本社ビルやコロラド州立大学の校舎、ヒルトンホテルなどで採用されているほか、2017年6月には、サンフランシスコ国際空港からも受注した。

・スマートガラスの市場規模が成長中

市場調査会社の「MarketsandMarkets」によると、スマートガラスの市場規模は、2015年時点の23億4,000万ドル(約2,667億円)から年平均成長率19.2%のペースで拡大し、2022年までに81億3,000万ドル(約9,268億円)に達する見込み。

「View」では、当面、北米市場を対象に、事業を拡大していく方針だ。

View

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。