ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

予定日1ヶ月前に家族旅行を決行。その結果、予想外に陣痛が始まってしまい…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
予定日1ヶ月前に家族旅行を決行。その結果、予想外に陣痛が始まってしまい… f:id:akasuguope04:20160930201144j:plain

これは私が3番目の子を妊娠していた時の話です。

仕事の引継ぎを終え、ようやく産前6週の産休に入った私は、その2週間後に出産前最後の家族旅行に出かけました。当時、熊本市近郊に住んでおり、上の子たちの希望でハウステンボスに行く計画を以前から立てていました。「まだ出産まで1ヶ月あるから大丈夫」と、安心しきっていました。

休憩を取りながら、約3時間のドライブの後、ハウステンボスに到着しました。昼過ぎに到着したので、見て楽しむ施設を中心に回り、場内のホテルに宿泊しました。たくさん歩き回りへとへとでしたが、子どもたちも楽しんでくれ、充実した1日を過ごせました。 関連記事:2人目の安定期には家族揃ってテーマパークへ!ついつい夢中になって遊び過ぎ反省…

異変を感じたのは、次の日の朝5時頃でした。すっと目が覚め、経験から来る直感で「陣痛が始まったかも」と思いました。時計を見ながら、ベッドに横になり、深呼吸をしていると、まだ規則的な陣痛ではありませんでした。前駆陣痛だと安心し、主人に報告だけして普通に朝食を食べ、2日目を予定通り進めました。

その日は、子どもたちが最も楽しみにしていたアスレチックをする約束だったので、それを最優先に考えていました。昼頃、陣痛のような痛みを感じましたが、休憩を取りつつ、乗り切り、3時ごろ帰路につきました。

帰りの車中、私は座っていることが辛く、ずっとリクライニングを倒したままでした。帰宅後、子どもが夕飯を食べている頃には、陣痛は10分間隔を切っていました。慌てて病院に電話をし、子どもたちも一緒に病院へと向かいました。

8時頃に病院に着き、すぐに看護師さんの内診が始まりました。その時、37週6日で、その2日後に初めて先生の内診を受ける予定でした。「先生の内診もまだなのに」と看護師さんが言っていてのを覚えています。

内診の結果、子宮口がすでに6センチ開いていたので、「もう産まないと帰れないよ」と言われました。その内診の途中で破水し、分娩台に横になったままの私をよそに、慌ただしく分娩の準備が進んでいきました。先生も到着し、「あぁ、陣痛の痛みってこんな感じだった」と思っているうちに、順調にお産が進み、9時半前には無事に息子が生まれました。

待合室にいた主人と息子たちも、赤ちゃんに対面し帰宅。予定日より約1ヶ月早い出産でしたが、正期産内に入っており、身長49センチ、体重3210グラムと十分に生育していたので大変安心しました。

出産後、看護師さんからは「陣痛が始まっていたのに、我慢強かったねぇ」と褒められましたが、先生には「高速道路で破水していたら、ドクターヘリを呼ぶ羽目になっていたよ」と言われ、ぞっとしました。無事に病院で出産できたからよかったものの、ドクターヘリを呼んだり、車中での出産になったりと、考えただけで恐ろしくなりました。

そんなぎりぎりの状況で生まれた息子ですが、すくすくと元気に大きくなっています。先生からは「37週以降は旅行には行かないように」「車の揺れは陣痛を促進する」と退院時にも釘を刺されました。皆さんも、出産前の思い出作りは大切だと思いますが、くれぐれも私のような無茶はしないでくださいね。 関連記事:マタ旅は安定期に入ってからが辛かった…。初期から7ヶ月までに4度の国内旅行を体験

f:id:akasuguope04:20160912134445j:plain

著者:かまは

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳

3児の母です。今思うと、自分をほめたくなる話です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

不安いっぱいのマタニティ旅行。観光地、温泉宿を避けて選んだ、大正解の旅先とは? by モチコ
妊娠初期のマタ旅~クリスマスに沖縄へ
つわりとギックリ腰

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。