ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ギターは船と同じ? 奇妙礼太郎の楽器との出会い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ギターは船と同じ? 奇妙礼太郎の楽器との出会い
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「MARTIN GUITAR SOUND HOLE UNIVERSE」。月替わりのナビゲーターに、7月はシンガーソングライターの奇妙礼太郎が登場。1回目となる7月7日(金)のオンエアでは、「アコースティック・ギターとの出会い」をテーマに語りました。

奇妙が初めて楽器に興味を持ったのは5歳くらいで、楽器は実家にあったアコースティック・ギター。そのギターはケースに入れられていたのですが、それを勝手に触ってお父さんに怒られた思い出があるそう。お父さんは仲間と歌を歌ったり、場所を借りてコンサートを開いたりする方だったようです。

それからしばらく経ち、家に誰も触らないガット・ギターがあったのを見つけ、浜田省吾さんの曲をソングブック片手に挑戦してみたそう。そこから一人で誰にもバレないよう、密かにギターを練習するようになったのだとか(笑)。

そんな奇妙にとって、アコースティック・ギターの魅力は音。さらに、“船っぽいところ”だそうで…

「空洞があって、浮かびそうで、木でできてて。あと、いろんな木を折り曲げたりくっつけたりして、これができてるわけです」と奇妙。言われてみれば確かにそうですが、独特な視点ですね。そんなアコースティック・ギターが置いてあるだけで、「なんかいいな」と思うそうです。そしてそれはアコースティック・ギターに限らず、何かの楽器が家に置いてあるのは幸せを感じるという奇妙。

「演奏できる人が家に来たとき…小さいバイオリンがひとつ、テーブルの上にあるとしたら、それはとてもいいなと思います」(奇妙)

そしてこのコーナーでは毎回、アコースティック・ギターで一曲、弾き語りをお届けしています。今回、演奏に使ったギターは3年前に買ったという「000-42」。これを使って「赤いスイートピー」のカバーを生演奏でお届けしました。

次週14日も引き続き、奇妙礼太郎が自分自身の音楽の原点や、人生についてのアレコレをアコースティック・サウンドと共に振り返ります。どんな名曲をカバーしてくれるのか、お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。