ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化(2012年3月)、Gingerbreadは63.7%、ICSは2.9%

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2011年4月2日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアとその時間的変化のグラフがAndroid Developersサイトで公開されました。今回もGingerbread以上がシェアを伸ばし、Froyo以下がシェアを下げました。Gingerbread以上を見てみると、Gingerbreadは今回もシェアを伸ばし全体の63.7%を占めていますが、シェアの伸びが前回の半分となっています。一方、Ice Cream Sandwichは、シェアは2.6%2.9%と全体の中ではまだまだ低いものの、前回よりもシェアの伸びを大きく上げています。今月以降に発売されるスマートフォンにはIce Cream Sandwichを搭載するものも複数あるので、次回はシェアをさらに伸ばしてくることが予想されます。それでも、Gingerbread・Froyoで全体の80%以上は、今後数ヶ月間は続くでしょうね。

 次の図は、月ごとのシェアの推移を示します。

Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモとSamsung、LTE対応の「Galaxy Note SC-05D」を発表、3月29日より予約受付開始(更新:発売日が決定)
LG Optimus 3D MAX(LG-P720H)がFCCを通過
Sony Mobile、LiveViewの後継「SmartWatch MN2」を4月10日に国内発売、Xperia NXとXperia acro HDの購入者向けに特別価格キャンペーンを実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。