ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ2-2~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170628214941j:plain

「手に職」をつけて転職したいと思っても、何から始めたらいいのかわからない人も多いのでは? そこでここでは、未経験からスタートし、やりたい仕事で働き始めるまでの<やるべき準備>と<かかるお金>をご紹介!

手に職に就くまでの準備の流れを、5つのステップ毎に説明していくよ。

今回は【ステップ2】「『やりたい仕事』を考えよう」のつづき。めざしたい仕事が見つかったら、次は何をすればいいのか?について

「やりたい仕事」に就くための方法を考える

目指したい仕事が見つかったら、次はその仕事に就くために必要なスキルをどう身につけるのか、しっかり考えてみよう。

どんな方法があるの?

「就職して現場で働きながらスキルを習得」「その道のプロのもとへ弟子入りして修業」「独学でスキルを身につける」「スクールで学んでスキルを身につける」などさまざまな方法がある。自分に適している方法を選びたい。

自分に合った学び方を考える

未経験から転職を目指すなら、スクールなどでスキルを学んで転職するのが理想。スクールのほか、学び方はいろいろ。専門学校などで学んで資格取得が必須になる仕事もあるので確認を。自分に合った学び方を選ぼう

学び方のバリエーション

スクールで学ぶ

スクールや目指す職種によって、期間は約3ヵ月~約2年。基礎から学べて資格試験対策を組み入れた講座もある。4月と10月に開講する講座が多いが、いつでも入学OKで平日の夜間や週末の昼間など自分の都合に合わせて学べるところもたくさんある。

~みんなはスクール通いのために、会社は辞めたの?それとも続けたの?~

会社を辞めて学ぶ人が多いけれど、自分に合った選択を

スクール通いのために会社を辞めた人が過半数。会社を辞めてスキル習得に専念するのか、会社を続けて働きながら学ぶのか、自分の性格や仕事の状況、金銭面などを考えたうえで決めよう。

会社を辞めた…57.3%

会社勤めを続けた…36.9%

その他…5.8%

大学・大学院で学ぶ

通学期間は大学で4年、大学院で2年が基本。自宅で学べる通信制を持つところや、平日の夜間と週末の通学のみで単位を履修できるケースもあるので、働きながら学ぶことも可能。一般入試より受験科目が少ない社会人入試を行うところも多い。

~専門学校や大学などで学ばないと取れない資格も!~

修了と同時に取得できる資格

栄養士

・保育士

・調理師

・幼稚園教諭など

修了と同時に受験資格が得られる資格

・看護師

・理学療法士

・作業療法士・社会福祉士

・歯科衛生士

・はり師

・きゅう師

・美容師

・柔道整復師など

専門学校で学ぶ

平日の昼間部のほか、夜間部を持つ学校もあり、仕事との両立が可能。社会人入試を行う学校も多く、ほとんどが書類選考と面接による入学選考。通学期間は2~3年が基本だが、目指す職種によっては卒業と同時に国家資格が取得できる場合も。

通信教育で学ぶ

目指す職種などによって、受講期間は約3ヵ月~約1年。自宅で自分のペースで学ぶことができるうえ、通学に比べて学費が安いのが魅力。電話やメールで質問に応じてくれたり、添削サービス、スクーリングなどサポート制度もあるので、挫折せずに勉強を続けていきやすい。

いかがでしたか?やりたい仕事を実現させるための、やり方についてイメージはわきましたか?次回は【ステップ3】「必要なスキルや資格を身につけよう」について。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

※アンケートデータはケイコとマナブ編集部が独自に行った調査の集計結果です。調査期間は2015年12月9日から12月14日。回答者は、資格・スキルを身につけて未経験の職種に転職した女性214人(20代~30代)。ただし、有効回答数は質問項目によって異なります。

関連記事リンク(外部サイト)

214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ2-1~
214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ1~
習い事初心者注目!体験レッスンの不安、まとめて解決!Q&A

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。