ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イングリッシュ・ナショナル・バレエ来日、「このバレエ団は前進あるのみ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イングリッシュ・ナショナル・バレエ来日、「このバレエ団は前進あるのみ」

 イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)が16年ぶりに来日し、7月6日に都内で記者会見を行った。

イングリッシュ・ナショナル・バレエ来日写真(全8枚)

 ENBは2012年に、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルだったタマラ・ロホが芸術監督に就任。以降、画期的なプロジェクトを次々と打ち出し、2016年度に英国ナショナル・ダンス・アワード7部門ノミネート(2部門受賞)、さらに2017年度にはローレンス・オリヴィエ賞ダンス部門の業績賞などを受賞している。

 タマラ・ロホ芸術監督は、「視野を広くもち、バレエ以外の芸術の成果を取り入れながら、伝統を重んじつつも過去にとらわれない方向性を目指している。たとえば演劇の分野で、シェイクスピアの本質を保ちながら、現代人が楽しめるような演出や解釈を見せているように」とコメント。そして、自分自身がバレエの伝統が浅いスペインに生まれたことで、むしろ様々な伝統を取り入れることができたとし、今後も「コンテンポラリーも含めて、多様な伝統の最良の部分を取り入れていきたい」と意気込みを述べた。そして、今回上演される2演目ともにタマラ・ロホのパートナー役を務めるメキシコ出身のダンサー、イサック・エルナンデスは「色んな国の出身で、様々なヴィジョンを持ったダンサーやバレエ・マスターたちが集まり、理解し合って創造を行っているバレエ団というのは、ありそうで、なかなかない。伝統あるバレエ団が黄金期を取り戻そうとしている一方で、このバレエ団は前進あるのみ。つねに未来を見つめている」と力強く語った。

 今回、上演されるのはENBの看板演目の1つでもある『コッペリア』と、パリ・オペラ座でも上演しチケットが完売するなど、世界的にも注目を集めている『海賊』だ。

 同バレエ団で最高位となるリード・プリンシパルを務め、『コッペリア』 でスワルニダを踊る高橋絵里奈は「大家族のように過ごしてきたカンパニーと一緒に、故国の日本で主役を踊れるのは夢のよう。日本人以外の仲間たちもこの公演を楽しみにしていた。自分の生き方や想いをバレエで伝えていければ」と母国でのステージに期待を膨らませた。また、ロホ芸術監督から「カリスマ的アーティスト」と高い評価を得、『コッペリア』のフランツと『海賊』のアリアを踊るセザール・コラレスは「『コッペリア』のフランツはこれがデビュー。『海賊』は花火のようなスーパー・エンターテイメントで、自分が出ていなければチケットを買って舞台を見たいくらいだ」と、間もなく開幕する来日公演への期待を膨らませた。イングリッシュ・ナショナル・バレエの来日公演は、東京文化会館にて開催される。

◎公演情報
【イングリッシュ・ナショナル・バレエ2017年来日公演】
『コッペリア』 全三幕
2017年7月8日(土)13:00
2017年7月8日(土)18:00
2017年7月9日(日)14:00

『海賊』プローグ付全三幕
2017年7月14日(金)18:30
2017年7月15日(土)14:00
2017年7月16日(日)14:00
2017年7月17日(月・祝)14:00

photo(C)Maiko Miyagawa

関連記事リンク(外部サイト)

アンドレア・バッティストーニが10代のためのプレミアム・コンサート開催
モルゴーア・クァルテット「結成25周年記念コンサート」開催 超絶技巧が唸るプログレ・ロック
諏訪内晶子インタビュー「自分自身が受けてきたものに対する社会への恩返し」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。