ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バックサウンドやドライブにもピッタリのトロピカルチューン/ドレイク「サインズ」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バックサウンドやドライブにもピッタリのトロピカルチューン/ドレイク「サインズ」(Song Review)

 2016年リリースの4thアルバム『ヴューズ』が通算12週の首位獲得を果たし、全米では同年最大のヒットを記録した、ヒップホップシーンを引率するラッパー、ドレイク。2017年3月には、オリジナル・アルバムでもミックステープでもなく、“プレイリスト”という名目で新作『モア・ライフ』を発売し、堂々のNo,1デビューを飾った。本作は、リリースから4ヵ月経った現在もチャート上位にランクインしている。

 その『モア・ライフ』からは、「フェイク・ラブ」(最高位8位)、「パッションフルーツ」(最高位8位)、「ポートランド feat.クエイヴォ&トラヴィス・スコット」(最高位9位)の3曲が全米ソング・チャートでTOP10入りを果たすなど、シングル曲も大ヒットしているが、本作には収録されていない新曲「サインズ」が、6月23日にサプライズリリースされ、最新の米ソング・チャート(2017年7月15日付)で、36位にデビューを果たした。

 新曲「サインズ」は、6月22日にフランス・パリの【パレ・ロワイヤル】で開催された<ルイヴィトン・2018年春夏コレクション>のイメージソングとして書き下ろされたナンバーで、同イベントのメンズ・コレクションのショーでも披露されている。前日には、自身のインスタグラムにジャケットアートを投稿し、「ルイ・ヴィトンとキム・ジョーンズにインスパイアされた新曲」とコメント。キム・ジョーンズは、ルイ・ヴィトンのメンズ部門のディレクター兼デザイナーだ。

 制作は、リアーナやブルーノ・マーズ、ジョン・レジェンドなどのヒット作を手掛けたスパ・ダップスと、ラッパーとしても大活躍中のヤング・サグ、「テイク・ケア feat. リアーナ」(2012年)や「スターテッド・フロム・ザ・ボトム」(2013年)、2016年に通算10週のNo,1獲得を果たした「ワン・ダンス feat. ウィズ・キッド&カイラ」など、ドレイクの代表曲を担当したノア40が手掛けている。スパ・ダップスとノア40は、同曲のプロデュースも担当。

 「サインズ」は、大ヒット曲「ワン・ダンス」や「パッションフルーツ」の続編ともいえる、ダンスホール調のナンバーで、軽快なレゲエのビートに、ドレイクお得意のラップ雑じりの歌を絡ませる。バックサウンドやドライブにもピッタリのトロピカルチューンは、この夏、ラジオでもヘヴィプレイされそうだ。アルバム未収録曲だが、コンセプトと合えば次のアルバムに収録されるかもしれない。日本でも、iTunes Storeなどでダウンロードすることができる。
Text: 本家 一成 Photo:Getty Images Entertainment

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイク、新曲をルイ・ヴィトンのショーで公開へ
ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる
フー・ファイターズ、ニューAL『コンクリート・アンド・ゴールド』の表題曲でボーイズ・II・メンのメンバーとコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。