体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「完璧なロールモデルは必要ない」女性がキャリアを前進させるために必要なこと

6月、リクルートキャリアとパソナキャリアの女性活躍支援プロジェクトチームの共催で行われたイベント『海外最新研究に学ぶ「リーダーシップと自分らしさ」の両立』。

その中で行われた、『女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法』(ギンカ・トーゲル著・日本経済新聞出版社)の翻訳・構成に携わった小崎亜依子さんによる「自分らしいリーダーシップのあり方」についての講演を、前・後編に分けて詳しくリポート。前編では、働く女性を押さえつける「無意識バイアス」について、後編では、女性がキャリアを前進させるために必要なことを語って下さっています。

f:id:itorikoitoriko:20170707160804j:plain

小崎亜依子さん

Waris Innovation Hub プロデューサー、株式会社Waris ワークスタイルクリエーター

野村アセットマネジメント勤務を経て、留学・出産育児で5年のキャリアブランク後、NPOでのアルバイトで復職。2007年より株式会社日本総合研究所で、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)側面の評価分析を行い、社会的課題解決を投融資の側面から支援。「なでしこ銘柄」における企業分析などを担当した後、2015年株式会社Warisに参画。スイスのビジネススクールIMD教授、ギンカ・トーゲル氏の研究成果をまとめた『女性が管理職になったら読む本』(日本経済新聞出版社)の構成・翻訳を担当。

「自分らしい」リーダーシップを持つ人に、メンバーはついてくる

f:id:itorikoitoriko:20170707160814j:plain

「“自分らしい”リーダーシップ」と申し上げましたが、なぜリーダーシップに「自分らしさ」が必要かというと、誰かの真似をしている、自分の言葉で話していないリーダーは信頼されないからです。自分のやり方で、自分の言葉で率いてくれるリーダーのことは、メンバーは「信頼に値する人物」として評価し、ついていくのです。

ただ、「自分らしいってどういうこと?」と戸惑う方もいるかもしれませんね。個々で、いくつかの考え方をご紹介します。

米ハーバードビジネススクールのビル・ジョージ教授は、「自分らしさを貫くリーダーへの成長ステップ」として、以下を考えることが大事だと挙げています。

「自分らしさを貫くリーダーへの成長ステップ」

本当の自分だと思えるのはどのような瞬間? 自分の奥底にある価値観は? その価値観はどんな行動に結びついている? どんな場面でも、いつも同じ人間でいられるか?そうでないとすれば、何が障壁となっているのか?

また、前述のギンカ・トーゲルさんは、「自分の強み、弱みを認識することで、自分を前進させる」ことを勧めています。

f:id:tany_tanimoto:20170707165843g:plain

心理学では、人の性格は「情緒安定性」「外向性」「開放性」「協調性」「勤勉性」の5つの要素(ビッグファイブ)で表すことができるとされています。自分はどの傾向が強いのか、無料診断できるサイトが多数あるので、ぜひチェックしてみてください。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会