体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一歩先行く、初心者のためのサーフィン講座!今年の夏はサーファーデビュー

サーフィン

やってきました、この季節!

夏といえば海!夏といえばサーフィン!

「今年こそサーフィンデビュー!」「今年こそ波乗りしたい!」

そんなサーフィン初心者のみなさんの想いを叶えちゃう、サーファーデビュー講座をお届けします。

今回はボード選びや上達のコツ、オススメスポットを大公開。

ちゃっかり予習・復習して、恋人や友だちを「おぉっ」とうならせましょう。

■目次

・まずは道具をおさらい!サーフボードの種類と特徴

・Catch The Wave!波乗りデビューのコツ

・友だちに差をつけるなら、体験・スクールが近道

記事配信:じゃらんニュース

まずは道具をおさらい!

サーフボードの種類と特徴

サーフィンとボードは、切っても切り離せない関係です。

ボード選びが上達スピードを左右する、

と言っても過言ではありません。

「波乗りどころか、海に浮いてるだけで力つきた」

なんてことはよくある話。

初心者が最初にぶつかる壁とも言えるかもしれませんね。

ボードの種類は大きくわけて

「ショートボード」「ファンボード」「ロングボード」の3種類。

ここではそれぞれの特徴と、

初心者にオススメのボードについてレクチャーします。

ショートボード

ショートボード

http://store.ponparemall.com/follows/goods/su-sb-softech-039/

160cmから190cmほどのボード。かっこいい動画でもよく見かけるため、「なんかいけてる」という理由で購入する初心者さんも多いとか。小回りが利くというメリットはありますが、その反面、コントロールがとても難しいというデメリットも。浮力、安定感が弱いため、中級者、上級者向けのボードと言えます。価格は3万円ほどから。

ファンボード

ファンボード

http://store.ponparemall.com/follows/goods/su-sb-softech-034/

すこし大きい200cmから260cmのボード。ショートボードに比べて安定感もあり、「いつかはショートに挑戦したい」という初心者さんのエントリーボードとしても人気です。もう一回り大きいロングボードとは違い、持ち運びもしやすく、海面での取り回しもラク。「バランスのいいボード」と言うことができそうです。約4万円から購入可能。

ロングボード

ロングボード

http://store.ponparemall.com/follows/goods/su-sb-bicsurf009/

約274cm以上のサーフボード。3種類のなかでは浮力、安定感が強く、移動や波待ちがラクになるというメリットがあります。波の影響も受けにくいので、波乗りデビューを目指す初心者さんには一番のオススメ。唯一の欠点は、その大きさ。持ち運び、取り回しという点では、他のボードに軍配があがります。価格帯は約7万円~。

Catch The Wave!

波乗りのコツ

みなさん、自分にピッタリのボードは見つかったでしょうか。

ここからはいよいよ、波乗りのためのレッスン開始です。

サーフィンはとっても楽しいマリンスポーツですが、

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。