体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

vistlip、七夕の夜限定の「July VIIth」を 結成10周年記念ライブで披露

結成10周年を迎えたvistlipの記念ライブ『Guns of Liberty』が、7月7日・七夕のこの日、東京・Zepp Tokyoにて行われた。また、終演後に2017年秋に行われる全国ツアーのスケジュールが発表された。
7月7日@東京・Zepp Tokyo (okmusic UP's)

猛暑にも関わらず、この記念日を祝おうと、全国から集まった多くのファンが会場を埋め尽くす中、会場が暗転、スパイ映画のテーマを彷彿とさせるSEに乗せ、舞台上のスクリーンに、過去のMVから抜粋されたTohya(Dr.)のカットがダイジェストで映し出され、突如ピンスポットに照らされた本人がステージ中央に登場。スポットがブラックアウトすると同時に、今度は瑠伊(Ba.)の映像が流れ、ステージに本人が現れる。海(Gt.)、Yuh(Gt.)も同様に姿を見せ、最後に智(Vo.)が登場するというオープニングパフォーマンス。このライブで初披露となる、新しい衣装に身を包んだ5人全員がステージ上に揃うと、会場は一気に熱くなる。スタートは「SINDRA」!いきなりのスタンダードナンバーで、のっけから興奮状態。

「My second B-day」、久々に演奏される「I am…」、 アンコールの定番曲「–OZONE–」を前半このブロックで早くも披露。海は、10年前を思わせるヘアースタイル。瑠伊は初めてのZeppのステージを意識したヘアースタイルで、それぞれ、このライブに込める思い入れが感じられるパフォーマンス。「墜落」、「ORDER MADE」、「THEATER OF ENVY」などのナンバーを挟み込み、「FIVE BARKIN ANIMALS」から「MONOGRAM」まで、一気に駆け抜け、「Sara」、「alo[n]e」、「drop note」、「Idea」と懐かく、ファンには馴染みの楽曲が並ぶ。『自分たちと同世代が結婚したと聞くと感慨深い、いつか子供ができたら聞かせてほしい』ファンとの月日を感じさせるコメントに乗せ、「STRAWBERRY BUTTERFLY」、「B」、「SIREN」と後半を畳みかけ、本編の最後は「LION HEART」。

鳴りやまないアンコール受け、再び5人が登場。10周年についてメンバーそれぞれが思いを口にした。『10年が長く感じなかった。壁にぶつかったこともあったけど、vistlip5人でステージに立てた事を誇りに持って、ファンのみんな、関係者の皆さんに感謝しています』(Dr.Tohya)『人生で10年も一つの事を続けられたのが初めて。ファンや関係者からお祝いのコメントがもらえて嬉しい』(Ba.瑠伊)『10年も二千人の前で何かをやる事も、普通の人生ではできない。10年の実感は無いけど、ライブ始まる前のファンの大きい声を聴いて感謝』(Gt.海)『10年を期に、久々に来てくれた子にはおかえり、ついてきてくれている子には、本当にありがとうと言いたい。これからもよろしくお願いします』(Gt.Yuh)『ありがとう、以外は言葉が見つからない。中学の時、バンドで生きていくと言った時、親にも友達にも笑われたけど、好きなバンドをやっていける、生きる意味を作ってくれたのはファンのみんな。ありがとう』(Vo.智)

アンコールの一曲目は、最新のアルバム「BitterSweet」からのリード曲「星一つ灯らないこんな夜に。」そして「GLOSTER IMAGE」、「Hameln」を連発。続けて智が、最後の曲に込めた思いをファンへ伝える。『織姫と彦星がそばにいたいから星を集める。千年もかけて辿り着く話。自分たちもそんな関係になれたらいいなと思っている。心を近づけるのは難しいけど、その話に出てくるような自分たちになりたい』この日のクロージングナンバーは、年に一度、この日にしか演奏されない、結成日をタイトルに冠した「July VIIth」。この日のセットは、歴代のシングル曲をはじめ、バンドを代表する人気曲、演奏自体が希少な楽曲もサプライズで飛び出し、記念日の為に構成された全25曲。この10年間、ファンと共有した嬉しさも、悲しさも、すべて詰まったライブは、感動の中幕を閉じた。

終演後には、この秋に行われる全国ツアー『10th Anniversary Tour Encounter the Phantoms』のスケジュールが発表された。このツアーは、過去ツアーのセットリストや演出を、可能な限り再現し、ブラッシュアップした内容で構成されるアニバーサリーツアー。またこの日、会場のみで販売されたDVD『July VIIth [Re:birth]~10th Anniversary Edition~』(会場限定盤)のパッケージとは別に、July VIIth [Re:birth]のMVに4曲ものライブクリップを加えたパッケージも、8月23日に発売されるので、こちらもチェックして欲しい。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。