体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働く女性を押さえつけている「無意識バイアス」とは?

6月、リクルートキャリアとパソナキャリアの女性活躍支援プロジェクトチームの共催イベント『海外最新研究に学ぶ「リーダーシップと自分らしさ」の両立』が開催されました。休日にもかかわらず100名を超える女性が集まり、女性のキャリア、リーダーシップに対する注目の高さがうかがえました。

第一部は、『女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」を両立させる方法』(ギンカ・トーゲル著・日本経済新聞出版社)の翻訳・構成に携わった小崎亜依子さんによる、「自分らしいリーダーシップのあり方」についての講演。第二部は、4社の女性社員によるパネルディスカッション。そして第三部は、小崎さん、パネラーとして登壇した女性社員と参加者によるキャリア座談会、というイベント構成。今回はその中から、第一部の小崎さんの講演内容を、前・後編に分けて詳しくリポートします。

f:id:itorikoitoriko:20170707155250j:plain

小崎亜依子さん

Waris Innovation Hub プロデューサー、株式会社Waris ワークスタイルクリエーター

野村アセットマネジメント勤務を経て、留学・出産育児で5年のキャリアブランク後、NPOでのアルバイトで復職。2007年より株式会社日本総合研究所で、企業のESG(環境・社会・ガバナンス)側面の評価分析を行い、社会的課題解決を投融資の側面から支援。「なでしこ銘柄」における企業分析などを担当した後、2015年株式会社Warisに参画。スイスのビジネススクールIMD教授、ギンカ・トーゲル氏の研究成果をまとめた『女性が管理職になったら読む本』(日本経済新聞出版社)の構成・翻訳を担当。

自分の殻をやぶり、自由に働く女性を増やしたい!

自身の経験を活かし、ブランクのある女性を対象としたインターンシップ事業を手掛けるとともに、プロフェッショナル女性を対象としたプロジェクト型ワークの創出や多様化推進のためのコンサルティングを行う小崎さん。「働き方の選択肢を増やしたい」「自分の殻をやぶり、自由に働く女性を増やしたい」を自らのキャリアビジョンに置いています。

そんな小崎さんによる講演テーマは、「女性のリーダーシップ」に関する最新研究結果をもとにした「自分らしいリーダーシップのあり方」について。『女性が管理職になったら読む本』(日本経済新聞出版社)の内容をもとに、1.「リーダーになりたくない・ムリ!」の背景にあるもの、2.女性こそリーダーに向いている、3.キャリアを前進させるアドバイス、の3部構成で語っていただきました。

女性リーダーが増えれば、個の意見が通りやすくなる

f:id:itorikoitoriko:20170707155258j:plain

日本における「管理職に占める女性の割合」は、諸外国に比べて際立って低いのが特徴。「データブック国際労働比較2015」(労働政策研究・研修機構)によると、アメリカの40%超、イギリスの30%超に比べ、日本は10%程度に過ぎません。

日本でもこの数値を増やそうと政府が積極的に動いていますが、「なぜ増やさなければならないの?何のメリットがあるの?」と思う方もいるかもしれませんね。でも、女性リーダーが増えることは、女性にとって大きなメリットがあるのです。

女性のリーダー比率が低いうちは、いくら有益な発言をしても「女性の発言」として捉えられますが、35%を超えると「女性の発言」ではなく「一人の意見」として見なされるようになる、との研究結果があります。従って、女性リーダー比率が高まると、それぞれの意見が通りやすくなり、個性が活かせる社会が実現できるようになるのです。だからぜひ、女性リーダーに関する取り組みを“自分事”として捉えてほしいですね。

「リーダーになりたくない!」の背景にある「無意識バイアス」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。