ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

大学受験激変!思考力・判断力・表現力を身につけるには?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大学受験激変!思考力・判断力・表現力を身につけるには?

子どもたちに求められる学力が大きく様変わり

現在の「大学入試センター試験」に代わり、2020年度から、「大学入学共通テスト(仮称)」が導入され、大学入試の形が大きく変わることについては、ほとんどの方がご存じだと思います。また同じ年度から、小学校の新学習指導要領も全面実施され、これからの子どもたちが求められる「学力」は、大きく様変わりしていくこととなります。

その際のキーワードの一つとして、「思考力・判断力・表現力」が挙げられます。これは現行の指導要領でもうたわれている概念ですが、今後はこの力が、より積極的に求められることとなるようです。またさらに「学びに向かう力、人間性等」が、柱の一つとされています。

大学入学共通テスト「モデル問題例」

では、なぜこうした学力が求められるのか、先ごろ公表された「大学入学共通テスト」のモデル問題例(国語)に基づいて、お話しします。

「モデル問題例1」は、架空の「城見市」が作成した「城見市『街並み保存地区』景観保護ガイドラインのあらまし」を読み取り、それに関する「父」と「姉」(主体である『かおるさん』の父と姉)の会話文を読んで、4問の記述をする、という内容です。うち問4は、父と姉の会話を聞いて、「かおるさん」が姉の意見に賛成・補足したと考えられる内容を述べよ、という設問です。

このような問題を解くのに必要な学力とは?

さて、こうした問題に挑むために必要な「力」とは、何でしょう。「ガイドライン」と会話文の中から、必要な材料を見つけ出し、類推し取捨選択した上で、記述をしなければなりません。必要な材料を正確に見出すためには読解力、その段階と類推・選択の過程で「思考力」と「判断力」、そして記述のために「表現力」が、求められます。

この問題に向かう時、従来の「問題集」を解くように、「正解を見つける訓練」、文章の「要約をする練習」だけでは、おそらく難しいものがあるでしょう。常日頃から、問題意識をもって物事をとらえ、それについて自ら思考し、表現をすることが必要なのです。

思考力・判断力・表現力を養う方法

ではどうすれば、「思考力」・「判断力」・「表現力」を身につけ、主体的に学ぶ力を養っていけるかということが、重要です。そのために学校や塾・予備校、各種の教育現場で、さまざまな試みが試行、実践されています。私は国語教育の専門家ですから、その立場から申し上げますと、やはり答えは「国語にある」という一語に尽きます。

具体的には、さまざまな文章を読み、「正解を探す」のではなく、「自分の考えを練り、文章として書き上げる」ことが、こうした力を養う有効な方法であると言えます。また、「モデル問題例」のようなサンプルが出てくると、よく「文学的文章は必要ない」という声が上がります。しかし先ほども述べたように、解答として書くべきは、「かおるさんが言ったであろう内容」という、直接には書かれていないことがらです。

「かおるさん」は、自分が考えたこと、すなわち最初は「思ったこと」を、類推・選択し、練り上げまとめた上で、「表現した」はずです。ここで大切なのは、対象が何であれ、人はまず「心」で物事をとらえた上で、「頭」で考えていく、というプロセスを経ることです。

ですから、文学的文章であるか否かは、ことの本質に関係ありません。むしろ文学的文章で「心を動かす」学習を重ね、思考、判断、そして表現のプロセスを経験することが、必要な力を養い、伸ばすことにつながります。幅広く良い文章を読み、考え、そして書くことで、「思考力」・「判断力」・「表現力」ははぐくまれ、伸びていくのです。

(小田原 漂情/塾教師、歌人・小説家)

関連記事リンク(外部サイト)

英検ホームページから読み解く、2020年に向けた英語教育大変革の波
体罰の報告数の減少は教育の質の改善による結果なのか?
大学入試改革国語・数学で記述式 大学受験はどう変わる?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。