体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中身もしっかり美味しい!保護猫たちがモチーフの「福ねこ弁当」

東京都立川市に事業所を構える有限会社オリエンタルフーズは、主に法人向けのお弁当製造と配達を手掛けている地元密着型の会社です。そんな同社が創業30周年の節目を機に、初めて一般向けにリリースすることになった「福ねこ弁当」。ご覧の通りお弁当箱そのものがかわいらしい猫モチーフで、黒猫・三毛猫・キジシロの3種類が用意されています。

お弁当箱のフタに描かれている猫たちのイラストは単なる柄違いではなく表情が少しずつ異なり、それぞれ中身のメニューも変えているというこだわりぶり。発表以来「どこで買えるの」という問い合わせが殺到しているこちらのお弁当ですが、実は社長さんがご自宅で一緒に暮らしているという元保護猫たちがモデルとのこと。さっそく同社へ足を運んで誕生のエピソードについてお話を伺うことにしました。

「当社は先代の個人事業から始まった日配の弁当給食サービス会社で、おかげさまで無事故で創業30年を迎えることができました。ただ、お客様には『美味しい』と言ってもらえているものの、他との価格競争や食に関して選択肢が増えたことなどもあり、今後の先行きについては懸念もありました。そんな中、東京都による中小企業向けのサポートプログラムを受けて新規事業を始めることにしたのがそもそものきっかけです」そう話して下さったのは、代表取締役を務める櫻井英雄さん。

はじめは会社のある東京・多摩エリアの名物を使った弁当を作ってはどうか、という方向性もありましたが、これといって魅力的な名物があるわけではなく、広く評価されるものを作るのは難しい。でも作るお弁当の味には自信がある。そんな中で「お弁当の器にこだわってはどうか」という話になり、部長さんが「猫がモチーフの器にしてみては」と提案。同社は猫が好きな従業員も多く、櫻井さんも3匹の保護猫たちと暮らしていたため、そのアイデアを採用して彼らをモデルにした「福ねこ弁当」の開発が始まりました。

これまで猫のイラストが描かれたお弁当箱はあっても、形そのものが猫というお弁当箱はほとんど目にしたことがありません。まずはオリジナルのお弁当箱を作るにあたり、器の形やカラーリング、猫の表情など、デザイナーさんや工場が呆れるほどに何度も試作を繰り返したそうです。こうして出来上がったのが二段重ねのお弁当箱「雅(みやび)」「桜(さくら)」「蘭丸(らんまる)」の3種類。フタや割り箸を束ねるゴムバンドがちょうど猫の首輪のようになっていて、丁寧にひとつひとつ鈴までついているのも遊び心と魅力を感じますね。食べ終わった後のお弁当箱は、例えば小物入れやお菓子入れといった用途で再利用してもらうことも想定して作られています。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。