体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【奥さま必見】「マニュアル車が欲しい!」という旦那にオートマ車を買ってもらうには?

▲車好きの間では根強い人気があるMT(マニュアルトランスミッション)。……もしも旦那がそんなややこしい車を「欲しい!」とか言い始めたら、以下のように旦那を口説いて(?)それを円満に阻止し、妻と夫両者にとっての「ちょうどいい落とし所」にスライドさせちゃいましょう!

▲車好きの間では根強い人気があるMT(マニュアルトランスミッション)。……もしも旦那がそんなややこしい車を「欲しい!」とか言い始めたら、以下のように旦那を口説いて(?)それを円満に阻止し、妻と夫両者にとっての「ちょうどいい落とし所」にスライドさせちゃいましょう!

どうすればMT車購入を平和裏にあきらめてもらえるか?

「女性の味方」を自認する自動車ライターの伊達と申します。共働きとなる妻のため、毎日自宅でバランスの良いおかずを作り、洗濯物をたたんでいます。女性の味方、主婦の友です。

さて。そんな立場で自動車界隈のあれこれを見ていますと、しばしば窮地に陥っている女性の姿に気がつきます。「縦列駐車ができずに困っている」とかもそうですが、もっと根本的な問題で困ってらっしゃる女性が多い。それを、わたくしは解決して差し上げたいのです。

しばしば目にする根本的な問題とは、「車好きの旦那がヘンな車を買いたがっていて非常に困る」というものです。

間近に迫った車検を機に、自家用車の買い替えを検討する……というのはよくある話ですが、その際、「次はマニュアル車がいいなぁ……」なんてことを車好きの旦那が、車雑誌を眺めながらボソッと言うわけです。

とんでもない問題発言です。

▲こちらがマニュアル車の一例。片手で常に棒のようなもの(シフトレバー)を操作しつつ、左足で「クラッチ」も踏んだり離したりしなければなりません。……車好きはさておき、そうでない人間にとっては拷問といえるでしょう

▲こちらがマニュアル車の一例。片手で常に棒のようなもの(シフトレバー)を操作しつつ、左足で「クラッチ」も踏んだり離したりしなければなりません。……車好きはさておき、そうでない人間にとっては拷問といえるでしょう

「マニュアル車」というのは変速器がオートマ(AT)ではない、マニュアルトランスミッション(MT)の車ということです。昔の車や、最近でも一部のスポーツカーなどが採用している、クラッチを踏んでレバーを動かすアレです。

……そんなめんどくさい車を買われては、女性としてのあなたの優雅で素敵な毎日がズタボロになってしまうのは必至。ここはなんとかして食い止めなければなりません。

しかし相手は車好きですから、生半可なことでは説得できません。また強硬に反対しすぎても夫婦仲に重大な禍根を残しますので、それも得策ではないでしょう。

ではどうすれば平和裏にMT車の購入をあきらめてもらい、結果としてあなた好みの車を買ってもらえるのでしょうか?

彼が本当に欲しいのは「MT車」ではなく「刺激的な車」です

問題の本質から考えてみます。なぜ、旦那は「MT車が欲しい」と言いだしたのでしょうか?

シフトレバーをキコキコ動かす感触を楽しみたい? ダイレクトな加速感を楽しみたい?(理屈は割愛しますが、AT車よりMT車の方がパワーの伝わり方にダイレクト感があります)

……それらはたぶんすべて正解でしょうが、本質ではありません。

彼自身が気づいているかどうかは別として、彼が本当に思っているのは「もっと刺激的な車に乗りたい! 退屈なAT車の運転はもう飽き飽きだ!」ということです。MTというのはそういった刺激を得るための「手段」であって、「目的」ではないんですね。

であるならば、攻めようはあります。

▲彼はもうオートマのファミリーカーをちんたら運転することに飽き飽きしていて、写真のような(イメージの)車でブワーッと走ってみたいわけです。そこは理解尊重してあげつつ、対策を練ってみましょう
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。