ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『THE JUON/呪怨』のリブート版、『Eyes of My Mother(原題)』のニコラス・ピース監督を起用

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


サム・ライミ率いるゴースト・ハウス・ピクチャーズとグッド・ユニバースは、映画『THE JUON/呪怨』のリブート版映画の監督にニコラス・ピースを起用した。

ホラー映画『The Eyes of My Mother(原題)』で2016年に長編映画の監督デビューを果たしたピースは、ジェフ・ブーラーによる脚本のリライトも手がける見込みだ。

リブート版映画の開発は、2014年に始まった。プロデューサーにはライミ、ロブ・タパート、一瀬隆重が名を連ね、ロイ・リー、ダグ・デイヴィソン、ジョセフ・ドレイク、ネイサン・カヘインらがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

サラ・ミシェル・ゲラー主演による『THE JUON/呪怨(原題)』は、2002年公開のホラー映画『呪怨』を米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントがリメイクしたもので、両作品とも清水崇が監督した。

その後、ソニーは2006年に映画『呪怨 パンデミック』、2009年に映画『呪怨 ザ・グラッジ3』を米劇場公開した。ゲラーが東京に住む呪われた看護師を演じたオリジナル版は、全世界で1億8700万ドルの興行総収入を記録した。

『呪怨』シリーズは、そこに接触しようとするすべての人を滅ぼす、亡き家族の激しい怒りに焦点を当てている。エリン・ウォーターマン、ロメル・アダムはゴースト・ハウス側からリブート版を監修する。

現在ピースは、ミア・ワシコウスカとクリストファー・アボットが出演する心理スリラー映画『Piercing(原題)』のポスト・プロダクションに入っている。ピースはUTA、ワシントン・スクエア・フィルムズ、ネルソン・デイヴィスLLPを代理人としている。グッド・ユニバースのダン・フリードマンは、プロデューサー陣を代表して交渉を進めた。

このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。