ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

まさに今が旬!ちょっと不思議な食材「じゅんさい」を採って食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20170621131830j:plain

世の中、おいしい食材はたーくさんありますが、どんなものでも旬にいただくのがやっぱり一番ですよね。旬の時期の方がおいしいし、なんだか食材が生き生きしている感じがするのです。

今まさに、そんな旬を迎えているのが「じゅんさい」。

日本食で珍重される「じゅんさい」とは?

「じゅんさい」は、沼や池に自生するスイレン科の植物です。沼底に根を張り、そこからたくさんの茎を伸ばし、水面に楕円形の葉を広げます。

収穫期は5月上旬〜8月下旬。その頃のじゅんさい沼は、鮮やかな緑の葉で一面を覆われます。美しい沼の様子は後ほど!

f:id:uralatokyo:20170621140155j:plain

食べるのは、水面下にある新芽ゼリー状のぬめりに覆われていて、つるんっとした喉越しとぷるぷるの食感が特徴で、古くから日本料理では珍重されてきました。そして、この独特のフォルム。面白くって、よーく見ているとなんだかかわいらしい……。

秋田県三種町が「じゅんさい」の生産日本一。秋田県外では、比較的高級な日本料理店で出されることが多いのですが、秋田県民にとってはおなじみの食材です。知らない人にとっては、ちょっと不思議な食材かもしれませんね。

6月は収穫の最盛期! そこで、旬の「じゅんさい」を求めて秋田県三種町へ行ってきました!

日本一の「じゅんさい」生産地・秋田県三種町に行ってきた

今回、お邪魔したのは「じゅんさい」の栽培、販売をしている安藤食品。ここには、昔から続く「じゅんさい」栽培を若い力で盛り上げているじゅんさいブラザーズなる方がいらっしゃるのです。お話をうかがったのは、じゅんさいブラザーズのじゅんさい次郎こと近藤大樹さん

f:id:uralatokyo:20170621132021j:plain

近藤さんは、ドローンで撮影した緑が美しいじゅんさい沼や、ぷるんとしたツヤのある「じゅんさい」の写真などを、ホームページやSNSに掲載し、今まであまり知られていなかった「じゅんさい」の新たな魅力を伝えています。

ーー今回は、「じゅんさい」の収穫がまさに最盛期と知ってうかがったのですが、どうやって収穫しているんですか?

近藤さん:じゅんさい沼で、小舟に乗って一粒一粒手で摘み取って、収穫するんですよ。長い時は、朝8時から夕方5時くらいまで採ったりします。休憩する間も惜しんで、舟の上でお茶を飲んだり、おにぎりを食べたりすることもあるんですよ。

ーーなるほど。かなり根気のいる作業ですね。1日にどの位の量が採れるんですか?

近藤さん:多いときだと、1日に300kgくらいですかね。一人で30kg以上採ったりしますよ。

ーー300kg!! それって、この小さな「じゅんさい」だと、相当の量ですね! すごい!

近藤さん:今日もじゅんさい沼で収穫作業をしているので、一緒に行って「じゅんさい」採ってみますか?

ーーえ!? いいんですか? というか、初めてでもできるものなんですか?

近藤さん:大丈夫ですよ! すぐ近くなんで行ってみましょ!

ということで、安藤食品のじゅんさい沼へ。

じゅんさい沼で「じゅんさい」を採ってみた

f:id:uralatokyo:20170621132106j:plain

わわわーーーーー!

なんということでしょう! 美しい!! 想像以上にキレイな景色にびっくり!

f:id:uralatokyo:20170621135204j:plain

近藤さん:では、さっそく舟に乗ってみましょう!

ーーちょっとこわいー。あれ? 乗ってみたら意外と安定感ありますね。

近藤さん:あそこに「じゅんさい」を採っているおばあちゃんがいるので、舟でそこまで行って摘み方を教えてもらいましょう。

f:id:uralatokyo:20170621132327j:plain

ーーよいしょ。よいしょ。お母さん、こんにちは。

おばあちゃん(工藤さん):あいー。なにしでだ?(あれ、何してるの?)

f:id:uralatokyo:20170621132554j:plain

ーー「じゅんさい」の摘み取り方を教えてもらいたくって。

おばあちゃん(工藤さん):んだが。せばこごさ「じゅんさい」あるがら、採ってみれ(そうなのね。そうしたらここに「じゅんさい」あるから、採ってみなさい)。

f:id:uralatokyo:20170621135320j:plain

ーーどうやって採るんですか?

おばあちゃん(工藤さん):「じゅんさい」の下さ、ちっちゃいのついでるがら、その根元を親指の爪で切ってみれ(「じゅんさい」の下に、ちいさい芽がついてるから、その根元を親指の爪で切ってみなさい)。

ーーなるほど。では、いざ初収穫! わっ。葉っぱの裏も茎もみんなぬるぬるしてるー。しっかりつかまないと、つるんと逃げちゃいますね。

ーーえいっ。

おばあちゃん(工藤さん):とれだが?(採れたか?)

f:id:uralatokyo:20170621135512j:plain

ーー採れたー!!!

f:id:uralatokyo:20170621140418j:plain

ーーわ! ぷるっぷる! ゼリーの部分がキラキラ光ってキレイ!

でも、こうやって葉をかき分けて「じゅんさい」を探して、ひとつひとつ摘み取るのって結構時間かかりますよね。このざるに入っている量は、どの位で採ったんですか?

f:id:uralatokyo:20170621132636j:plain

おばあちゃん(工藤さん):うーん。だいたい30分くらいだべか。

ーーさすが! プロの仕事ですね! ありがとうございました!

今回初めて「じゅんさい」の摘み取りをさせてもらいましたが、水中の宝探しをしているみたいで、思わず夢中になってしまいそうでした。とっても楽しかったです!

安藤食品では、普段は「じゅんさい」の摘み取り体験はできませんが、三種町の観光情報センターじゅんさいJAPANで、5月〜8月中旬頃まで「じゅんさい」の摘み取り体験の受付をしています。初めてでも意外と簡単に摘み取りできるので、ぜひ体験してみては?

さて、こうして採れたての「じゅんさい」を手に入れることができました!

ーー近藤さん! この採れたてぷるぷるの「じゅんさい」のおいしい食べ方教えてください!

f:id:uralatokyo:20170621153535j:plain

近藤さん:そうですね。さっと湯通ししてわさび醤油で食べたり、じゅんさい鍋がオススメです。

ーー夏なのに、鍋ですか!

近藤さん:地元では、「生じゅんさい」が食べられる夏に食べるんですよ。私も子どもの頃から、よく食べていました。あとは、うどんやそばなどの麺類にトッピングしたり、少し変わったのだと天ぷらにして食べる方法もあります。

ーーさっそく家でやってみますね! ありがとうございました!

ということで「じゅんさい」を愛してやまない、近藤さんイチ押しのすぐできる簡単「じゅんさい」メニュー作ってみました。

夏にピッタリ!「じゅんさい」のわさび醤油

【材料】(作りやすい分量) じゅんさい 100〜200g わさび 適量 醤油 適量

【作り方】

f:id:uralatokyo:20170621133007j:plain

1.「じゅんさい」を水の入ったボウルに入れ、軽く洗います(この時、「じゅんさい」のぬめりが落ちないように、優しくね)。

f:id:uralatokyo:20170621133046j:plain

2.沸騰したたっぷりのお湯に入れ、1〜2分ゆでます。「じゅんさい」が、写真のように鮮やかな緑色になったタイミングですくい上げ、氷水で冷やします。

f:id:uralatokyo:20170621133110j:plain

3.「じゅんさい」が冷えたら、醤油とわさびで召し上がれ。

いただきまーす! んー、ぷるんっぷるん!!

ぷるぷるすぎて箸でつかむのもひと苦労です。そして、この「じゅんさい」の食感と、わさびのピリッとした辛みがなんとも爽やか〜! 暑い日にはつめたく冷やした「じゅんさい」で、お酒を楽しむのもいいですね。ビールもいいけど、なんだか日本酒が飲みたくなるお味です。

秋田県三種町のソウルフード! じゅんさい鍋

【材料】(2〜3人分) じゅんさい 400〜500g 鶏もも肉 200〜300g ごぼう 1本 まいたけ 1パック だまこ 12個orきりたんぽ 4〜5本 比内地鶏スープ 200g 水 1200ml

※きりたんぽはスーパーなどで市販品もあります。だまこの作り方は、

この鍋を食べずして冬を終わらすな! 「秋田だまこ鍋」のつくりかた教えます – メシ通

この記事で、白央篤司さんが丁寧に紹介してくださっています!

【作り方】

1.「じゅんさい」は、水で軽く洗う。鶏もも肉は、一口大にカットし、ごぼうはささがきに。まいたけは、食べやすい大きさに手でほぐします。きりたんぽを使用する場合は、食べやすい大きさに切ります。

f:id:uralatokyo:20170621133456j:plain

2.使用する比内地鶏スープに記載された分量の水(今回は1200ml)と、ごぼうを入れ火にかける。沸騰したら、鶏もも肉を入れる。

3.鶏もも肉に火が通ったら、比内地鶏スープをいれる。沸騰したら、まいたけとだまこ or きりたんぽをいれる。

f:id:uralatokyo:20170621133539j:plain

4.食べる直前に、「じゅんさい」を入れて、「じゅんさい」の色がキレイな緑色になったら完成!

f:id:uralatokyo:20170621140801j:plain

う、うまーーーい!!

比内地鶏のダシがたっぷり出た醤油味のスープに、つるりとした喉越しの「じゅんさい」が最高にあいます!「じゅんさい」が、あっつあつなので気をつけて食べましょう。だまこやきりたんぽが手に入らない場合は、〆にうどんを入れて食べるのがオススメですよ。これは、ハマる〜。夏に鍋もいいかも!

「じゅんさい」は、安藤食品のウェブサイトから注文できます。5月下旬〜8月下旬頃まで味わえる「生じゅんさい」は、500g・1,480円〜。生じゅんさいをゆでて酢漬けにした「じゅんさい」の水煮は通年購入でき、60g・324円〜。

また、秋田県外でも大きなスーパーや百貨店なら、取り扱っているお店もあるようです。

ぷるぷる食感がクセになる「じゅんさい」は、おつまみに鍋にと、簡単な調理で食べられるおいしい食材でした! まだ食べたことがない人は、ぜひ一度お試しあれー!

お店情報

株式会社安藤食品

住所:秋田県山本郡三種町森岳字泉八日138

電話番号:0185-83-2165

営業時間:9:00〜17:00

定休日:土曜日・日曜日・祝日

ウェブサイト:じゅんさい・きりたんぽ鍋の安藤食品、じゅんさい次郎Instagram

※この記事は2017年6月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

※通販には送料がかかる場合があります。ウェブサイトをご確認ください。

書いた人:Team Clover Plus

クローバープラス

主に秋田の食ネタ、農業ネタ、食材ネタなどを発信している秋田県の企画編集プロダクション。3名のライターが所属しており、秋田県内・東北エリアを走りまわって取材している。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

秋田県民のソウル調味料「味どうらくの里」が最強だった【超簡単レシピ有り】
秋田のB級グルメを自宅で味わおう!“幸楽ホルモン”をお取り寄せてみた
日本一高い納豆「鶴の子」は、納豆好きがたどり着く理想郷!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。