ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ケニア育ちの女性が立ち上げたブランド「Kangarui」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ケニア育ちの女性が立ち上げたブランド「Kangarui」
J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー、「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。7月3日(月)からの週は、「Kangarui」代表でアーティストのRuiさんをお迎えしています。7月6日(木)のオンエアではKangaruiの商品と価格について伺いました。

Ruiさんが作るお皿などの作品はナイロビでプリント、バッグなどは日本でプリントするそう。その理由は「生地のデジタルプリントがケニアには無い」からだなんだとか。

「私のアートはカラフルなのですが、それをビビッドに生地に出す…となると、プリンター的に日本が世界一と聞いていたので。洗っても落ちないなどの理由から、日本で作っています」(Ruiさん、以下同)

「良いクオリティの物を作りたい」という思いから、商品を日本とナイロビで分けて作っていると話していました。

小黒いわく、アジアで成功した方でも、アフリカでビジネスを始める人は少ないそう。そのため、Ruiさんがケニアで展開していることが嬉しいそうですが、Ruiさんはなぜこの場所を選んだのでしょうか?

「いろんな人に『どうしてナイロビでブランドを立ち上げたの?』とか『他の国で売ったほうが売れるんじゃない?』というふうに言われますし、本当にそうだと思うんですよ。お金を儲けたかったら、アメリカとかヨーロッパとか日本とかで売るほうがいいと思います。でも、私の夢の1つに『またケニアに戻る』というのがあって。ケニアも新しいものがたくさん出てきている状況で、クリエイティブな人たちも増えてます。(私も)そのうちの1人になりたいなという気持ちもあって」

ケニアでは、現地の人たちがRuiさんのことを“ローカルデザイナー”として見てくれるらしく、Ruiさんが作った商品を見て「ケニア人でもこういう物が作れるんだ!」と言ってくれた人もいたのだとか。Ruiさんはその経験がとても嬉しかったそうで「これからも頑張ろう」と思えたことを話してくれました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「LOHAS TALK」
放送日時:平日 20時40分−20時50分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。