体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個人事業主がID@Xboxへ参加可能に。初参加は『トルクル』 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は2D回転アクションゲーム『トルクル(TorqueL) 』のXbox One対応に関するものなど6本です。

FullPowerSideAttack.com、Xbox One/Windows 10向け『トルクル(TorqueL) 物理調整版』開発告知。個人事業主によるID@Xbox参加の最初のケースに
torquelpme-1 torquelpme-2 torquelpme-3

FullPowerSideAttack.comは7日、Xbox One/Windows 10向けに『トルクル(TorqueL) 物理調整版』を開発中であることを告知した。販売情報については今後発表予定。

『トルクル(TorqueL)』は、四辺から棒を伸ばせる箱を転がして、さまざまなギミックのあるステージをクリアしていく2D回転アクションゲーム。現在Windows/PS4/PS VIta/Wii Uでリリースされている。Xbox One/Windows 10向けとなる『トルクル(TorqueL) 物理調整版』ではXbox Liveサービスの実績やコネクテッドストレージ(いわゆるクラウドセーブ)などに対応。なお、技術的理由によりゲームエンジンをUnity 4からUnity 5へ移行し、その結果物理エンジンが更新され挙動が変わったものを、同等に遊べるように調整したことによりこのタイトルになったという。

『トルクル(TorqueL) 物理調整版』は、マイクロソフトのインディーデベロッパー向けセルフパブリッシングプログラム「ID@Xbox」を通じてリリース予定。なお、ID@XboxのWebサイトには参加の条件として「インディーズデベロッパー(開発会社)の皆様のみを対象としております。申し訳ございませんが、個人のお客様や教育機関のご応募は受け付けておりませんのでご了承ください」との記載があるが、今回の告知によると「日本マイクロソフトの担当者が日本の個人事業主が可能な手続き・書類で参加できる調整を行い、その最初のケースとして参加しております。 個人事業主で参加・リリースを希望される方は同プログラムへ登録後、担当者と相談を、とのご案内をいただいております」とのこと。

超OK、音楽格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』作品ページ開設
phrasefight-1 phrasefight-2

(画面は開発中のもの)

超OKは1日、開発中の音楽格闘ゲーム『PHRASEFIGHT』の作品ページを開設した。

『PHRASEFIGHT』は、音楽ゲームの操作性と格闘ゲームのプレイ感を合体させた作品で、CPU対戦や2人対戦が可能(関連記事)。指示されたタイミングに合わせてボタンを押すことにより、互いに攻撃を行っていく。音色は4つあるものから好きなものを鳴らすことができ、キャラクターによって鳴らせる音色が異なるなど、楽器を演奏するように技を繰り出してくのが特徴だ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会