体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、LiveViewの後継「SmartWatch MN2」を4月10日に国内発売、Xperia NXとXperia acro HDの購入者向けに特別価格キャンペーンを実施

Sony MobileがLiveViewの後継機種「SmartWatch MN2」を同社の公式オンラインストア「Sony Ericsson Store」限定で4月10日(火)より発売すると発表しました。販売価格は9,480円(税込み)。Xperia NXとXperia acro HDの購入者には、4月10日(火)~5月31日までの間、特別価格6,980円(税込)で提供されます。Smart Watchは、1.3インチ(解像度128×128ピクセル)の有機LEディスプレイ(表示色数は65,536色)を搭載したAndroidベースの小型端末。タッチスクリーン(マルチタッチ対応)を搭載しており、画面をタップ/フリック/ピンチズームといった方法で本体を操作できます。製品付属のリストバンド(ブラックカラーが同梱)に装着すれば、腕時計のように使うことができます。縦横のサイズは前作LiveViewとほぼ同じ(36mm×36mm)ですが、厚みが8mmと約3mmほど薄くなっています。メタルフレームを採用するなどデザインは一新されています。機能は、時刻の表示はもちろんのこと、スマートフォンとBluetooth(v3.0対応)で通信し、スマートフォンの着信やSMSを通知、不在着信に対し定型SMS(”出れません”など)を送信したり、Facebook/TwitterなどSNSの投稿やRSSフィードを表示したり、音楽を再生・コントロールしたり、フィットネスアプリのステータス(移動距離やスピードなど)表示することができます。機能はPlayストアの専用アプリ(Smart Extensions for SmartWatch)で追加可能。バッテリーの持ちは使用頻度に依存しますが、ガシガシ使って丸1日、放置状態で約1週間は持つとされています。対応機種は、”Sony Ericsson mini S51SE以外のAndroid 2.3以降のXperiaスマートフォン”とされています。Source : Sony Mobile商品ページ


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE slider SH-02D」のソフトウェアアップデートを開始、ブラウザの文字化け問題を改善
「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」が富士通の完全子会社に、会社名は「富士通モバイルコミュニケーションズ」に変更
Motorola、「MOTOACTV」のソフトウェアアップデートを開始、ゴルフナビ機能を追加(日本のゴルフ場データもあり)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。