体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

生活・趣味
「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

好きになった街には繰り返し訪れるようにしています。その土地の人間になりきって、同じ時間と空気を享受したくて。もしかしたら、知らずのうちに耳に届いている心地いい「音」に、私たちは触れているのかもしれません。

その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は、目でなく耳で伝えるパリガイドとしてお役に立てるはず。

宝石のような「パリの音」を聴く

「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

パリを連想させる音はいくつかあります。例えば、気短かなドライバーがクラクションを鳴らす音、けたたましいパトカーのサイレン、カフェの軒先きすれすれを走るスクーターのエンジン音、自転車のベルも、ツアーガイドのメガホンも……。

けれど、どこからか聞こえてくる音に足が止まり、出どころを探してしまうようなものも。私たちの耳に届くことをそっと待っている、“パリの音”があります。

「我々はとても視覚的な世界に生きているわけですが、パリはとっても耳に心地いい土地です。目で見る楽しさと同じように、音でパリを味わってみるのはどうでしょう」

音の専門家Des Coulamが厳選するSounds of Paris、珠玉のパリの音色に耳を傾けてみましょう。

01.
石畳の上を走る車の音

もっとも有名なのはシャンゼリゼ大通り。

道路に敷き詰められた丸石はパリの顔。ひとつ目のよろこびは、でこぼこの石畳を走る車がもたらしてくれるもの。特にゆっくり走るときのタイヤの摩擦音だとCoulam。

「何よりもパリを象徴するものだと思います。50年代のフィルム・ノワール(犯罪映画)を彷彿させるような」

02.
ペタンクが公園の砂利を叩く音

「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

一般的に私たちがパリ風の白い砂利をイメージするとき、チュイルリー公園やリュクサンブール公園を訪れる観光客が、その上を歩く音と結び付けようとするかもしれません。でも実のところ、その音は市内のいたるところにあるもの。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会