ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新山詩織、ニューシングル「さよなら私の恋心」はCharaがサウンドプロデュース・楽曲提供

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新山詩織、ニューシングル「さよなら私の恋心」はCharaがサウンドプロデュース・楽曲提供

9月6日に新山詩織のニューシングル「さよなら私の恋心」がリリースされることが発表された。今作はサウンドプロデュース・楽曲提供でCharaが参加している。

今作はサウンドプロデュース・楽曲提供でCharaが参加。当初、新作の制作に向かうにあたり、本人とスタッフ間で打ち合わせをしたところ、新山詩織自身もYouTubeでカバー動画をアップするなど、同じ女性アーティストとして尊敬しているCharaの名前が挙がり、プロデュースしてもらえないかスタッフを介してラブコールを送った。

そして、今年4月に東京で行われたCharaのライブ終演後に本人同士が初めて顔を合わせ、その際に改めてプロデュースのオファーを相談したところ、Charaが快諾し、制作が始まった。

楽曲のデモ制作はCharaのプライベートスタジオにて行われ、Charaのメロディーに対し新山詩織が歌詞のアイデアを出していくスタイルで進められた。レコーディングに参加したミュージシャンもCharaにゆかりのある面々が集まり楽曲が完成した。

「私をCharaさんの色に染めてください。」制作の過程で、新山詩織はCharaにそう伝えたそうだ。

新山にとって今回の制作は憧れのアーティストと一緒に取り組めるからこそ、そこから生まれる自分がどのようになれるのか、そしてどんな楽曲を新たに伝えることができるのか、期待と希望があったのがこの一言から感じる。

「さよなら私の恋心」は失恋した女性の切ない心情が優しいメロディーにのったミディアムバラード。新山詩織の、メロディーに寄り添った優しさの中にも、どこか緊張感を感じさせる歌声が、リアルさを感じさせ、ハッとさせられる1曲になっている。

新山詩織コメント
今回、Charaさんの描く世界観の中こうして唄えたこと、心から嬉しく思います。上手く自分の気持ちと向き合えないとき、「大丈夫だからおいで」って、揺れる感情の底にいるあなたをそっと引き上げてくれる。優しく包み込んでくれる、そんな曲です。ぜひ、沢山の方が光のある方へ行けますように願っています。

Charaコメント
声の粒が素晴らしいんですよ
詩織ちゃん

かっこいい声してるの

もう、それだけで魅力は100パーセントせつない気持ちになれる

ピュアな恋心の歌が完成した

素直でいる事で傷つくことを怖れずにいたい
私と詩織ちゃんは共鳴したんだ

リリース情報
シングル「さよなら私の恋心」Sound Produced by Chara
発売日:9月6日(水)
収録曲:
M-1 「さよなら私の恋心」
作詞:新山詩織、Chara 作曲:Chara 編曲:Chara
M-2 「らくがきちょう」
作詞:新山詩織 作曲:山口俊樹 編曲:Sweet Crue
※NTT西日本「就活生応援MOVIE」テーマソング
M-3 「さよなら私の恋心 –instrumental-」
作曲&編曲:Chara
<商品仕様>
・初回限定盤:(CD+DVD)   価格:1,500円(税抜) 品番:JBCZ-6064
特典DVD収録:「さよなら私の恋心」Music Video+Making
・LIVE盤(CD+DVD)
価格:1,700円(税抜) 品番:JBCZ-6065
特典DVD収録:新山詩織 全国ツアー2016-2017「ファインダーの向こう」から5曲収録
・通常盤(CD) 価格:1,000円(税抜) 品番:JBCZ-6066

ライブ情報
新山詩織 PREMIUM 弾き語りライブ「しおりだけ〜ひとり唄〜」
公演日:2017年9月2日(土)OPEN 16:30/START 17:00
会場:東京・EX THEATER ROPPONGI
チケット:全席指定 4,000円(税込)
一般発売:2017年8月5日(土)〜
※入場時ドリンク代別途必要
※6歳以上有料。5歳以下入場不可。
<チケット先行受付>
無料会員制サイト「新山詩織 my place & your place」:https://niiyama-shiori.com/member/auth/login
※受付期間中に入会した場合でも申し込みが可能。

関連リンク

新山詩織 オフィシャルサイトhttp://niiyama-shiori.com
新山詩織 オフィシャルツイッターhttp://twitter.com/niiyama_shiori

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。