ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フー・ファイターズ、ニューAL『コンクリート・アンド・ゴールド』の表題曲でボーイズ・II・メンのメンバーとコラボ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フー・ファイターズ、ニューAL『コンクリート・アンド・ゴールド』の表題曲でボーイズ・II・メンのメンバーとコラボ

 フー・ファイターズのデイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスがBBC 6 Radioに出演し、2017年9月15日(現地時間)にリリースされるニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』について語った。

 「ずっと作りたかった作品になった」と二人が語る新作のタイトルについて聞かれたグロールは、アルバムの最後に収録されている表題曲を例に挙げ、「(タイトルが)アルバム全体の決意みたいなもので、サビの歌詞が、”I have an engine made of gold(俺はゴールドでできたエンジンを持ってる)/ Something so beautiful the world will never know(世界が知ることはないとても美しいもの)”から、”Our roots are stronger than you know(自分で思うよりも俺たちの根は強く)/ Up through the concrete we will grow(コンクリートを突き破って俺たちは成長する)”ってなってるんだ。なかなか美しいだろ?」と説明し、司会者も同意するが、一瞬の間の後にホーキンスが、「そんな歌詞だったなんて知らなかったよ。後ろで一緒にコーラスを歌ってるけど、適当にやってたんだ」と発言してグロールを呆れさせていた。

 また、楽曲の「コンクリート・アンド・ゴールド」については予想外のコラボレーションが実現したことを明かしている。グロールがたまたま駐車場で見かけたボーイズ・II・メンのメンバー(ショーン・ストックマン)に声をかけ、歌ってくれないかと頼んだところ快諾してくれたそうで、「(ブラック・)サバスとピンク・フロイドみたいなサウンドだよ。一番最後の曲なんだ。彼が合唱を作り上げてくれたんだよ。40くらいボーカルを積み上げて。むちゃくちゃだよ。すごいんだ」と絶賛している。

 フー・ファイターズはニュー・アルバムの新曲を徐々にライブで披露し始めていて、7月3日のパリ公演では「ダーティ・ウォーター」を初めて演奏している。8月には【サマーソニック 2017】で来日する彼らだが、日本のステージでも一足早く新曲を聴かせてくれることを期待したい。

関連記事リンク(外部サイト)

フー・ファイターズ、新作アルバムを9月リリース&大規模フェス開催も
フー・ファイターズ、アイスランドで新曲を初披露
フー・ファイターズが新曲を発表、デイヴ監督のMVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。