ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【アイルランド】幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。アイリッシュレイルでプチ旅行気分

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

アイルランドの交通機関のひとつに、DART(ダート)というダブリン沿岸沿いを走る電車があります。

どの駅にも、ダブリン中心部とは一味違った魅力的な街がたくさんありますが、今回はその中のひとつ、Malahide(マラハイド)という街をご紹介します。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
市内から電車に揺られること20分の場所に、マラハイドはあります。パステルカラーのお家がかわいらしいですね。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
駅から少し歩くだけで、こんなに素敵な景色が広がります。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
海岸沿いをゆっくりお散歩するのもこの街の定番の楽しみ方のひとつですが、今回はマラハイドならではのいちおしスポットをご紹介します。

それがこちら、マラハイド城(Malahide Castle)です。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
タルボット家が代々所有する、800年の歴史があるお城です。そこまで大きなお城ではありませんが、それでもやはり迫力がありますよね。

こちらでは、ツアーガイドに参加することができます。チケットはこちらのビジターセンターか、お城で直接購入することもできます。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
料金は大人€12.50と少し高く感じるかもしれませんが、見どころ・聴きどころ盛りだくさんのガイドツアーなので、ぜひ参加していただくことをおすすめします。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
ツアーガイドは時間指定なので、5分前にはお城に集合しておきましょう。

ガイドさんと一緒に、たくさんの部屋を回ります。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
ちなみにお城内は、フラッシュをたかなければ撮影OK。どこを切り取っても絵になるフォトジェニックなマラハイド城。お気に入りスポットを探してみてください。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
また、ツアーガイドさんの話もとても楽しく、ひとつひとつの家具や内装について丁寧に説明してくれます。

とくにおすすめなのは、このお城に出るといわれている幽霊のお話です。なんと全部で5体の幽霊が出るそうなのですが・・・

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
中でも有名なのが、失恋して自ら命を絶った使用人のポークという霊。いまでも不思議な現象がお城内で起こります。

一見怖そうですが、ガイドさんがユーモアを交えてお話してくれるので大丈夫。どんなことが起こるかは、ぜひ実際に行って確かめてみてください。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
ツアー後は、お城の広大なお庭を見学することもできます。ツアーガイドのチケットを使って入場することが可能なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

芝生に寝転がって日光浴をしたり、お城を眺めながらもちこんだサンドイッチを食べたり。みなさん、思い思いの時間を過ごします。

アイリッシュレイルDART(ダート)を使ってプチ旅行気分。幽霊の出るお城!?マラハイド城へ。
みなさんもDART(ダート)を使って、ダブリンの喧騒から離れてゆっくりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

[写真・文 福田夢乃]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。