ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水野仁輔がたどり着いた「ファイナルカレー」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

水野仁輔がたどり着いた「ファイナルカレー」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。7月5日(水)のオンエアでは「朝のカレー祭り2017」と題して、カレーの達人・水野仁輔さんをお迎えし、お話を伺いました。

本格カレーのスパイスを自宅に届ける「AIR SPICE」というサービスも始めた水野さん。さまざまなカレー活動を行っていますが、世の中的に最近は、間借りやフードトラックなどカレー店の形態も変わりつつあり、「持たない時代」になったことをひしひしと感じているそうです。また、プロとアマチュアの垣根がなくなり、平日会社勤めをしている人が、週末に1日カレー店をイベントでやったり、より自由な形態の店が増えているそう。

そんな水野さんが注目するカレー店を聞くと、まず「TOKYO SPICE CURRY」を挙げました。週1回、毎週水曜のランチタイムのみ、東急本店通りを井の頭通りのほうに行った交差点近くに、バーを間借りして出しているお店で、「東京カリ〜番長」のリーダーが営業しているお店だそう。さらに喜多見にある「beet eat」は女性オーナー自ら猟をしてとったジビエのカレーで、こちらもオススメだそうです。

カレー通の間で今、最もきているのが「大阪スパイスカレー」とのこと。サラッとしてスパイシー、刺激的で素材の味が引き立つカレーで、ターメリック、レッドチリ、クミン、コリアンダーをベースに、カスリメティやマスタードシードなど、さまざまなスパイスを使用したものが人気だといいます。

最後に、水野さんが長年かけて辿り着いた究極のカレー「ファイナルカレー」について伺いました。「これが作れれば、読者にとって、これ以上カレーのレシピは探さなくてもいいのでは」という提案を込めて作ったというこのレシピ、なんと梅酒で漬け込んだ豚肉が入っているそうです! インドカレーと欧風カレーのいいとこ取りカレーで、スパイスで作りながら、最後に、隠し味の市販ルーを入れると食べやすくなるそう! この日のために番組スタッフが作ったファイナルカレーに「おいしい!」と別所も感心していました。

そんな水野さんのレシピが掲載された著書「いちばんおいしい家カレーをつくる」は、現在絶賛発売中です。ぜひチェックしてみください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。