体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Himi

himi_NeoL_photography : Hiromu Kameyama

緋美、現在17歳。父である俳優・浅野忠信と、モデルとして活躍する姉、SUMIREの親子3人で共演したラフォーレ原宿の巨大広告で鮮烈なモデルデビューを果たした。そんな期待の新星に初のインタビューを敢行。閉塞感の漂うこの時代に、彼が提示する等身大のアンサーとは。

会ってみたい人はいますかという問いに対する回答は、「みんなもう亡くなっちゃったけどマイケル・ジャクソン、デヴィッド・ボウイ、プリンス。」 なるほど、と彼が取材日に着てきた私服のTシャツに合点がいく。中でも一番好きな楽曲は プリンスのSometimes It Snows in Aprilだと言う。プリンス自身が監督・出演を務めた映画に向けた名曲——。

「わざとらしい歌詞ってたまにありますよね。本当にそんなこと考えてるのかなって疑いたくなっちゃうような。だけどこの歌詞はそうじゃなくて、彼の感情をそのまま歌っているんです。だからすっと頭の中に染み込む感じがします。普段は歌詞をあまり重要視していなくて、言葉よりも音のほうが耳に入ってくるんですけど、デヴィッド・ボウイやプリンスは特別なんです」

当然ながら彼が生まれたころには、今名前の挙ったそのビッグスター達の全盛期は過ぎ去っていた。それでも緋美は「会えることなら会ってみたかったな」と続ける。

「彼らみたいになりたいというよりは、彼らのやり方に憧れるんです。自由にやりたいようにやるって、かっこいいじゃないですか。今はなんだかみんな難しく考えすぎているような気がしていて。例えばだけど、白人と黒人とか、人種の対立のせいで、歌詞が批判されることってよくありますよね。でも人によってその歌詞をどう受け取るかは違うから、そこをいくら気にしたって仕方ないのになって感じるんです。そもそも音楽って誰がどう受け取るかを考えてつくるものでもないんじゃないかな」

Himi2_NeoL_photography : Hiromu Kameyama

インターナショナルスクールを出て、オーストラリアに留学した彼が、小学校ぶりに日本の学校に通うことになったのは2年前の話である。当時上履きの懐かしさ以外に彼が強く感じたことが、「周囲を気にする空気」だったという。

「日本人って、他の人がやらないと自分もやらない、みたいなところがあるなって。例えば電車ですごくマナーの悪い人がいても、誰も注意しないから自分も注意しないっていうノリみたいなものがありますよね。インスタとかSNSを見ていてもそう思う。多分本人たちには、もうそうやって周りに合わせるのが普通になっているんです」

空気を読む、という日本特有の文化が裏目に出るというのは確かにそういうことだ。そしてこの島国の内側では、大多数がその風潮を意識すらしていない。

「だから僕はそんな中でも、自然体でいられて良かったなって。同じだったらなんか嫌だな。これはたぶん育ってきた環境も影響しているんだと思います。お父さんを見ていても、常に自然体だったからこそ、今やりたいことができているんだろうなって感じることは多いです」

日本の映画界を背負って立つような名優である父の生き方は、息子の目にそんな重荷を感じさせないほど軽やかに映っているようだ。そしてそんな彼の生き方もまた、我々の目に驚く程軽やかに映る。

「今友達とバンドを組んでいて、僕はドラムをやっています。歌詞は基本的にヴォーカルが書くけど、曲は特に誰が作るというのは決まっていなくて。作りたい人がいたらそれを持ち寄って、みんなで集まったときに「これどうかな」って意見を出し合うんです。それぞれ曲を作れたり、いろんな楽器を演奏できたりするから、たまにパートを入れ替わることもあるし、すごく自由ですね。楽しんでやっている感じ。一度バンドで路上ライブをしてみたときがあって、お客さんの一人が僕たちに1000円を置いていってくれたんです。みんなでやったじゃんって、ライブ終わりにそのお金でケバブを買いに行きました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。