体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先では思いがけない出会いがある。「君のようなひとを探していました」

生活・趣味

旅先の思いがけない出会い「君のようなひとを探していました」
旅先では、思いがけない出会いが多々あるものです。友情や恋愛に発展する出会い、その後の人生に大きな影響を与える出会い・・・。

例えば海外旅行が好きなひとの場合、10回以上海外へ行ったことのある人の約7割が国際恋愛を経験しているというデータもあるほど! 日常から離れるせいか、海外で恋に落ちる確率は想像以上に高いのです。

マレーシアでの出会い

旅先の思いがけない出会い「君のようなひとを探していました」
ひとり旅でマレーシアを訪れたときのことです。友人を待っている間の時間つぶしに、マレーシア料理やローカル色たっぷりのドリンクが魅力のフランチャイズカフェ「パパ・リッチ」でミルクティーを飲むことに。海外のカフェやレストランはメニューのラインナップが面白いので、メニューを見ているだけでも30分ぐらい暇つぶしできちゃいます。

旅先の思いがけない出会い「君のようなひとを探していました」
マレーシアのミルクティーはコンデンスミルク入りで、とっても濃厚

ミルクティーが席に届いてからも、メニューをくまなく読んでいた筆者。すると、ウェイターの男性が「それ、そんなに面白いですか?」と話しかけてきました。

カトマンズからクアラルンプールへ

旅先の思いがけない出会い「君のようなひとを探していました」
メニューもひと通り読み終えたところだったので、彼の話に付き合うことに。「クアラルンプールって、すごく都会的だよね!」と、ウェイターのKくん。そうね、そうかもね、と相槌を打っていると「僕はカトマンズ出身です」と聞いてもいないのに、自分のことを語り始めました。

はるばるカトマンズからマレーシアの首都クアラルンプールにやって来たKくん。カトマンズといえば、ネパールの首都ではあませんか! カトマンズよりも給料の高いマレーシアで、ウェイターとして頑張っているといいます。カトマンズに興味があったので、なんだかちょっとワクワク。

旅先の思いがけない出会い「君のようなひとを探していました」
スパイスの効いたレンズ豆のスープとご飯などから成る、ネパールの定食「ダール・バット」

カトマンズで食べるべき現地のグルメや見所を教えてもらったため、アブなそうなひとではないと判断。「カトマンズに来たときには、必ず案内するから」と言うので、連絡先を交換してその日はお別れしたのでした。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会