体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【試す価値あり】老舗魚屋の主人が作る「チャーハン」が抜群にウマい理由が、わかった!

f:id:sakanaya-sandaime:20170703113447j:plain

焼いた塩鮭に白飯、定番の朝ご飯って感じですよね~。今回はその塩鮭とご飯をドッキング、もりもり食べたいチャーハンにしてみました!

シンプルな朝ご飯の組み合わせから、ガッツリ系へ! でも味付けは和風にして香味野菜もたっぷり、仕上げに青のりとかつお節を振りかけています。

塩鮭は魚焼きグリル、またはフライパンなどで焼いてください。焼くのが面倒という人は、市販の鮭フレーク(ほぐし鮭)でも代用できますが、塩鮭をほぐして作る方がゴロリと存在感があって絶対ウマいですよ~!

魚屋三代目の「塩鮭の和風チャーハン」

【材料】2人前

ご飯 茶碗2杯分くらい(400g前後) 塩鮭 2切れ 卵 2個 市販品の顆粒だし(または粉末だし/本だしなど) 小さじ1/2 めんつゆ(市販品/三倍濃縮) 油(サラダ油など) 大さじ2 ミョウガ 1個(縦半分に切り、細かく半月切り) 大葉(青しそ) 10枚(縦半分に切り、千切り) 炒りごま(白) 大さじ1 万能ネギ(小口切り)、青のり、かつお節 適量

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170703113458j:plain

1. 塩鮭を焼き、皮や骨を取り除いて粗めにほぐしておきます。冷やご飯を使う場合はレンジで軽く温めておきましょう。

f:id:sakanaya-sandaime:20170703120906j:plain

卵は割って、顆粒だしを加えて混ぜておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170703113501j:plain

2. フライパンを熱しサラダ油をひき、強火で十分に熱したら混ぜておいた卵を入れ、半熟なうちにご飯を加えて木べらなどで混ぜ合わせていきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170703113506j:plain

強火のままご飯を炒め、米粒がほぐれてきたら1の塩鮭を加えて、全体に具材が均一になるまで炒め合わせます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170703120836j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。