ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

山下達郎、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』書き下ろし主題歌は時代を超えて繋がる“想い”を表現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
山下達郎、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』書き下ろし主題歌は時代を超えて繋がる“想い”を表現

山下達郎が、9月23日全国公開の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌を書き下ろしたことがわかった。

昨年デビュー40周年を迎え、ますます精力的な活動を展開し、常に音楽ファンの注目を集め続ける山下達郎に、制作サイドが主題歌の書下ろしを依頼し実現。

アルバム制作やツアー準備で多忙を極めるなか、原作ですでにタイトルの決まっている「再生」という曲を映画で「REBORN」として具現化するという、自身が今まで担当した主題歌の中でも一・二を争う非常に難しい作業に挑み、まるまる1か月半もの時間をかけ渾身の1曲を書き下ろした。

新曲「REBORN」は、本作品のテーマといえる時代を超えて繋がる“想い”を表現した、作品に優しく寄り添う楽曲。また、「REBORN」は主題歌だけでなく、劇中で過去から現在へ歌い継がれている楽曲として、本作の主軸となっている。

なお「REBORN」は、山下達郎通算50枚目のシングルとして9月13日に発売することも決定している。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、全世界累計800万部を突破し、「東野圭吾作品史上、最も泣ける感動作」と高い支持を受けている原作の実写映画作品。

本作は、ある理由から廃屋で一夜を明かすことになった青年・敦也(山田涼介)のもとに、32年前からの悩み相談の手紙が届くところから物語が始まる。

その廃屋はかつて、どんな悩み相談にも、店主(西田敏行)が真剣に答えてくれる「ナミヤ雑貨店」。そんな雑貨店を軸に、過去と現在で手紙のやり取りが行われることで、過去の相談者や店主の人生が変わり、敦也の人生が大きく動き出す、時代と世代を越えて“想い”が繋がる感動の物語となる。

山下達郎 コメント
映画の主題歌の仕事は、これまで何度も担当させていただきましたが、今回はその中でも一・二を争う難しい注文でした。東野圭吾さんの原作において、すでに「再生」(映画では「REBORN」)とタイトルが定められている曲を、映画の劇中に具現化し、さらにそれをエンドロールで私自身が歌うという、虚実ないまぜの世界が求められました。
そのため、どの場面にも違和感のない曲調を実現するために、かなりの模索と推敲を要しました。そのおかげで、今までの自分の作品とはひと味違った、新たな作風が提示できたと思います。
歌のテーマは「死生観」です。人はどこから来てどこへ行くのかという、根源的な問いに思いをはせていただくことで、映画のストーリーと併走し、盛り立てることができるのではと思っています。

廣木隆一監督 コメント
映画の主題を掬い取った静かで、力強く、そして優しく、見つめてくれた名曲だと思いました。

KADOKAWA・二宮プロデューサー コメント
「REBORN」は時代を超えて歌い継がれている名曲という設定の劇中歌であり、映画の核にもしたかったので主題歌として構築したいと考えていました。ただ正直なところ、それを両立させるなんて事は実現が本当に難しいとも感じていました。
時代を超えて輝き放ちつづける稀代のシンガーソングライターである山下達郎さんにお受けいただいた事でそれが可能になりました。
壮大で厳かなサウンドスケープ、美しく伸びやかな歌声が映画を観る人の心をきっと優しく包み込んでくれると思います。
そして、その歌詞は映画のテーマとなる事を伝えてくれています。是非、美しいメロディだけでなく歌詞にも耳を傾けていただきたい。映画のキャラクター達の思いが温度を持って伝わると思います。

リリース情報
シングル「REBORN」
2017年9月13日(水)発売
WPCL-12715 1,200円+税
<収録予定曲>
M1.REBORN
他、数曲収録予定

映画情報
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
公開日:2017年9月23日(土)
原作:東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』角川文庫刊
出演:山田涼介
   村上虹郎、寛 一 郎、成海璃子、門脇麦
   林遺都、萩原聖人
   尾野真千子 / 西田敏行
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
主題歌:山下達郎「REBORN」
公式サイト:http://namiya-movie.jp/

関連リンク

山下達郎 オフィシャルサイトhttp://www.tatsuro.co.jp/
山下達郎 レーベルサイトhttp://wmg.jp/artist/tatsuro/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。