ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

上の子のお世話があるのに「安静に」なんて難しすぎる…早産で産まれた第二子

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
上の子のお世話があるのに「安静に」なんて難しすぎる…早産で産まれた第二子 f:id:akasuguope04:20160823174545j:plain

私は臨月に突入する週、36週目に出産しました。

37週から正期産なので、36週での出産は臨月でも早産扱いになります。

早産の兆しは、妊娠6ヶ月頃からありました。よくお腹が張っていたので、妊婦健診の時にお腹が短時間に何回も張ることを先生に伝えました。

診察の結果「今のところ心配はないけれど頻繁に張る事は危険で、この先もし切迫早産の診断になれば即入院となるので今は安静にするように」ということが伝えられ、張り止めの薬を処方されました。 関連記事:ずっと順調だったのに…36週で早産に。小さく産まれて大きく育ってくれた娘に感謝

しかし、当時3歳の長男がイヤイヤの絶頂期。おまけに引っ越しを控えていたので、どう頑張っても安静にできる環境ではありませんでした。

結局大人しくしていたのは最初だけで、薬のお陰でお腹が張らなくなると、普段と変わらない生活に戻っていきました。

「張り止めを飲んでいるから大丈夫だろう」と、早産になるリスクを甘くみていたのです。

それでもなんとか臨月まで持ちこたえ、36週の妊婦健診。

「張り止め薬は現在の処方分が終わればもう飲まなくていい」と言われて、安心したのも束の間でした。 関連記事:1歳児のお世話をしながら2人目を妊娠。切迫早産で「絶対安静」の入院生活に

それから数日後、薬の服用を終了したその日の夜中、やたらお腹が張るのです。薬を飲んでいないからかと思いましたが、若干痛みがあります。

「もしかして前駆陣痛?このまま本陣痛に繋がったらどうしよう…」と不安になりましたが、眠気の方が強く気付けば寝てしまっていました。

翌朝、生理の時のような出血する感覚で飛び起きました。トイレに行くと卵膜が混ざったような出血。おしるしです。

産院へ連絡すると、「今までの経緯もあるので入院セットを持って来てください!」とのこと。産院へ着くと先生にすぐに診察してもらえて、その場で入院が決まりました。

昼食後、しばらくすると本陣痛が始まりました。

先生が病室へ来てくれましたが、それは注射をするためでした。早産の子は肺が未熟な状態な事が多い為、肺を成長させる注射を打つそうです。

この時、「ああ、やっぱり赤ちゃん小さいとやっぱりマズイんだな。大丈夫かな。今まで必死に掴まっていたけれど、もう限界だったんだよね。ごめんね。肺ちゃんと発達してるといいな」と、安静にしなかった日々を後悔しました。

その後本陣痛から2時間程でのスピード出産となりました。

赤ちゃんは2100gと小さく、産声も羊水を飲んでしまっていたため、“ゴボッ”としていましたが先生の処置ですぐに元気な泣き声が聞こえました。

その瞬間、涙が溢れでてきました。

でもそれは感動の涙ではなく、赤ちゃんへの謝罪の気持ちと、産まれてきてくれたことの感謝の気持ちが入り混じった涙でした。

すぐにモニターをつけ肺の成長や心拍の乱れなどはないか確認をしましたが、たまに聞こえる異常の通知音が鳴る度に不安で仕方ありませんでした。

診察の結果、幸い肺の発達に関して問題はなく、保育器に入るのも短時間で済みました。

しかし、あの時もしも万が一の事が起きていたら悔やんでも悔やみきれなかったと思います。

安静と言われたらその時がどんな状況でも、赤ちゃんを守れるのは自分(母親)だけと言い聞かせ、絶対に安静にしておかなければならないと身をもって知りました。

f:id:akasuguope04:20160812160237p:plain

著者:えだまめ

年齢:30代

子どもの年齢:5歳と1歳

息子と娘、2児の育児に奮闘中のパート主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ずっと順調だったのに…36週で早産に。小さく産まれて大きく育ってくれた娘に感謝
優秀な妊婦だったのに…
22週3日で447gの赤ちゃんを出産。一度きりの不妊治療で授かった我が子が起こした奇跡

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。