体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月2回、生ビールが工場から直送される! 自宅サーバー『キリン ホームタップ(KIRIN Home Tap)』体験記

工場で作りたての新鮮な生ビールを自宅でも楽しみたいというのは、ビール好きなら憧れる贅沢だろう。そんな憧れを現実のものとするのがキリンが提案する会員制ビール定期購入サービス『キリン ホームタップ(KIRIN Home Tap)』だ。いったい、どんなサービスなのか気になったので、ビールサーバーのある暮らしをおためし体験してみた。

毎月2回、4リットルの特別な生ビールが届く!

自宅に工場作りたての生ビールが直送されるキリンビールの会員制サービス『キリン ホームタップ(KIRIN Home Tap)』(貸出サーバーサイズ:幅430mm 奥行430mm 高さ550mm 重さ4.6kg・月額会員料金 税抜6,900円・9月分会員申込開始は7月中旬予定)は、毎月計4リットル(1L x 2本セットが月2回)の生ビールがクロネコヤマトのクール便で届くシステム。ビールにおける“鮮度”の大切さを実感している人にはうってつけのサービスだろう。

 

現在はキリンの「一番搾りプレミアム」のみの配達となっているが、今後は新商品も導入される予定だという。契約後一年経つまでは解約不可なので導入は計画的に。1年後以降の解約は自由。

 

 

会員登録が済むと、まずビールサーバーが届く。そして申込み時に設定したお届け日時に、1本1リットルのペットボトルに入った生ビール2本と、ガスカートリッジなどの備品が届く。

ビールのペットボトルはクロネコヤマトのクール便で届くため、すでに冷えた状態。ペットボトル入りとなるとバリア性の低さによる品質劣化が気になるが、キリン独自の特殊コーティング技術を使用しているから心配無用とのこと。冷蔵のまま工場から直送なので、まさにできたての鮮度を保ったまま家庭まで届くというわけだ。

ちなみに現在届けられるビールの銘柄は、上記の通り「一番搾りプレミアム」で原材料は麦芽とホップのみ。東北産ホップ「かいこがね」の第一級ホップを使用するなど、本格的な高級ビールなのは言うまでもない。

一緒に届く備品に関しては、ペットボトルに取り付けるキャップとビールホースが複数本、ガスカートリッジが4本。それぞれ、生ビールをグラスに注ぐために必要な部材となっている。

 

それでは、ビールサーバーをセッティングして生ビールを飲んでみたいと思う。

サイズ感としてはコンパクトで、自宅のどこに置いてもフィットするシンプルなホワイトの上品なデザイン。ビールを注ぐためのタップは本物の木を利用した高級感あふれるものとなっている。そして、子供がいたずらでタップを触ってしまわないために、タップにかぶせるキャップ付き。このあたり、ターゲット層をしっかりと絞ったサービスであることが窺える。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。