ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ユニクロがデニムに本気出した

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デニムは制服

と言い切りたいくらい、デニムのないファッションは考えられません。

そんなデニムに本気を出したのが「ユニクロ」です。

ジーンスのためだけの施設から初コレクションが登場

ジーンズの本場として知られるアメリカ・ロサンゼルス。

この地に、ユニクロは2016年11月にジーンズ研究開発施設「JEANS INNOVATION CENTER(ジーンズイノベーションセンター」を開設しました。

まさにジーンズのためだけの施設。こだわりと熱意を感じます。

そして、その施設で作り上げた初めてのアイテムたちが、今回2017年秋冬コレクションとして登場します。

あれ、脚伸びた? と錯覚するハイライズシガレットジーンズ

20170707_uniqlo03.jpg

ハイライズシガレットジーンズ 5色 3,990円(税抜)

まずは、いまのムードをキャッチした「ハイライズシガレットジーンズ」。短めトップスでもバランスよく着こなせるハイウエスト。

20170707_uniqlo05.jpg20170707_uniqlo02.jpg

ひざ下がすっきりとした作りで、脚全体のシルエットが引き締まります。はいてから鏡をみると、まるで足が伸びたような錯覚を覚えたほど。

とにかくリラックス。2WAYの着こなしができるEZYジーンズ

20170707_uniqlo04.jpgEZYジーンズ 3色 3,990円(税抜)

続いては、ストレッチ性抜群な「EZYジーンズ(イージージーンズ)」。

肌触りの良い裏パイル素材で、はき心地はとにかくストレスフリー。ウエストはひもがついていて、外に出したままでもOK。内側に入れてもOK。2WAYの着こなしができます。

ラクな着心地なのに、加工技術によってヴィンテージのような本格的な風合いが出ているので、スタイリッシュに決まるのもうれしい。

これでもかとこだわりが詰まったユニクロのデニムのおかげで、秋のファッションも充実する予感です。

ユニクロ

こちらも読まれています

おしり出ちゃってる。LAガールのジーンズスタイル

女子から女性へ。モデル・有末麻祐子さんが25歳からはじめること #sponsored

髪のうねりに新事実、ピンクのTSUBAKIの「調湿機能」がすごい #sponsored

■ あわせて読みたい

ガーリーな気分が盛り上がるサニタリーショーツ #06
スカートにヒールは女性のものって誰が決めた? トム・ブラウンが疑問を投げかけた
ローライズで、デニムの日にも重宝するサニタリーショーツ #05
胸が小さくても、お腹が出てても水着を着るオージーガール。パーフェクトボディなんてリアルじゃない
海に着ていきたくなる爽やかサニタリーショーツ #04
夏。シャツワンピで、お洒落を怠ける
桃みたいな美尻に近づくサニタリーショーツ #03

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。