ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『7月6日はなんの日?』ルイ・アームストロングの命日、「この素晴らしき世界」から半世紀

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『7月6日はなんの日?』ルイ・アームストロングの命日、「この素晴らしき世界」から半世紀

7月6日は20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン、ルイ・アームストロングの命日。

トランペット奏者/シンガーとして、ジャズという枠を超越して人々に愛される多数の名曲を残した、サッチモことルイ・アームストロング。2017年はそんな名曲のひとつ「この素晴らしき世界」(1967年)の発表から、ちょうど50年となる。

 同曲はアメリカのジャズ界でプロデューサーとして活躍したボブ・シール(ジョージ・ダグラス)作詞作曲によるナンバーで、サッチモはシンガーとしてのトレードマークである味わい深いダミ声で、美しく希望にあふれる詩をしみじみと歌い上げ、世界的ヒットを記録している。サッチモは同曲の発表から4年後の1971年7月6日にこの世を去っているが、その後20年の時を経て1987年に映画『グッドモーニング, ベトナム』の劇中にて、印象的なシーンのBGMに起用されたことで同曲はリバイバルヒットを記録している。それ以降も多数のシンガーによってカバーされており、ベトナム戦争中、平和な世界を夢見て歌われた「この素晴らしき世界」は、発表から半世紀を迎える現在も、平和への願いを込め歌い継がれている。

関連記事リンク(外部サイト)

『7月5日はなんの日?』元ザ・バンド、ロビー・ロバートソンの誕生日
『7月4日はなんの日?』初期ディスコ・シーンを牽引したシンガー、バリー・ホワイトの命日
『7月3日はなんの日?』ドアーズ、ジム・モリソンの命日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。