ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。

花嫁のPatrick Caseyさんは、自身の結婚式で絶対にその大役を任せたい人がいました。それは、28歳のいとこの男性Andria Farthingさん。大きな「フラワーボーイ」、一体どんな式になったのでしょう。

幼い頃に使った
思い出のフラワーバスケットで

花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

AndriaさんとPatrickさんは幼い頃から仲が良く、年の近い親戚同士として一緒に成長してきました。そんな大切ないとこに、彼女は「フラワー“ボーイ”をお願いしたいの」とオファーします。花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

彼はもちろん快諾。当日、ヴァージンロードに現れた大きなフラワー“ボーイ”に会場は笑いの渦に包まれました。写真の通り、Andriaさんが至極真面目な表情で花を撒くので、それがまた笑いを誘います。花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

AndriaさんとPatrickさんは昔、一緒にフラワーガールとリングボーイとして親戚の結婚式で活躍したこともありました。今回結婚式で使ったフラワーバスケットは、当時使った思い出の品。花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

大役を勤め上げたAndriaさんには、あたたかい拍手が送られます。

優しい笑い声に包まれた会場で、新郎新婦は幸福な結婚式を迎えました。花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

柱の後ろから顔をそっと覗かせる、茶目っ気たっぷりのAndriaさん。花嫁の希望で実現した、28歳のフラワー「ボーイ」

大きな「フラワーボーイ」が活躍した結婚式は大成功。特別な日に花を添えることができたAndriaさんも満足げです。

ふたりの未来に幸多からんことを!Licensed material used with permission by Erin Moore Photography

関連記事リンク(外部サイト)

【ちょっとイイ話】結婚式で使われた「ウェディングフラワー」の素敵な行方
ブリュッセルの「フラワーカーペットフェスティバル」に、日本をテーマにした花の絨毯が出現
上海の夜に咲く鮮やかなデジタルフラワーガーデン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。